最新記事

アフガニスタン

地雷撤去はアフガン女性の自立と夢への第1歩

Afghan Women Taking Their Country Back

2019年11月21日(木)19時45分
カーン・ヘンドリックス(カブール在住のフォトジャーナリスト)

目標を達成するべく、地雷除去チームの女性たちは手作業で除去を進めている。最も近い道路から険しく曲がりくねった山道を登ること3時間、岩だらけの地面を地雷探知機でスキャンし、地雷や不発弾の破片の磁気特性を探す。

疑わしい物体が見つかったら、探知機で種類と位置を正確に見極めながら、ひざまずいて掘らなければならない。地雷などの爆発物を突き止めたら、さらなる危険を避けるため、必ずといっていいほどその場で爆破する。チームのうち4人は間もなく、地雷除去プロセスのこの重要な部分の訓練を受ける予定だ。

対人地雷は人を殺すことではなく、重傷を負わせるのが目的という場合が多い。敵の兵士が死亡しても敵が1人減るだけだが、負傷した場合は他の兵士が病院に搬送するので、1回の爆発で複数の敵が戦場を離れるという、恐ろしくしたたかな計算だ。

アフガン女性の手本に

しかし、至近距離での除去作業は命取りになりかねない。女性たちには地雷除去の標準的な安全装備が支給される。分厚い防弾チョッキは、真昼の太陽の下ではひどく暑いが、胴体、首、鼠径(そけい)部を保護する。割れても飛散しにくいポリカーボネート製バイザーで顔を守る。だが手足を保護するものはなく、女性たちの大部分は標準装備の除去作業用つなぎに、園芸用手袋とスニーカーという格好だ。

保護装備を着用しても、偶発的な爆発が起きれば負傷する可能性が非常に高い。今のところ女性チームに負傷者はいないが、今年になってバーミヤンで地雷除去作業をしていた男性2人が死亡している。

こうした命懸けの作業のおかげもあって、バーミヤンから地雷が完全に除去される日は近い。その暁には、汚染されていた土地は全て地元に返却され、その大部分がバーミヤンの主力産業である農業に使われるはずだ。

地元での除去作業が完了したら、地雷除去チームのメンバーは地雷原から離れ、もっと安全な役目を担うことになる。他の州に足を運び、自身の専門知識を活用して新たに女性だけの地雷除去チームを訓練するのだ。

女性だけの地雷除去チームは圧倒的な成功を収めてきたが、文化的変化においては小さな一歩にすぎない。そうした変化がこの国のより伝統的で保守的な地域に拡大するには、何年もかかりそうだ。女性の進歩となると、国の大部分は自身の地元バーミヤンよりはるかに遅れていると、アタイーは認めた。「女性が外に出ることさえ許さない地域もある」

ニュース速報

ビジネス

米失業率、年末には10%下回る=労働長官

ビジネス

ユーロ圏経済、20年は12.6%縮小も 来年の回復

ビジネス

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

ビジネス

米失業保険申請、200万件下回る 依然高止まり

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月