最新記事

米大統領

「トランプには戦略的、抽象的な思考が欠如している。世界にとって危険なことだ」

Trump’s ‘Mental Impairment Means He Cannot Think Strategically or in Abstract Terms,’ Claims Professor of Psychiatry

2019年10月25日(金)14時50分
シェイン・クラウチャー

一般の人から見るとトランプの精神疾患は分かりにくいと専門家は言う Leah Millis-REUTERS

<複数の選択肢を比較したり、リスクを評価したり、結果を予測したりすることができない。その代わり、恥さらし、低能、フェイクといった単純な形容詞を連発する>

ドナルド・トランプ米大統領には精神疾患があり、抽象的な思考ができず、物事を表面的にしか見ることができない、と精神医療の専門家が指摘した。

トランプの精神状態に関しては、これまでにも多くの心理学や精神医学の専門家が懸念を表明してきた。国際社会で影響力を持つ米大統領職の重要性と、大統領が行使する権力の大きさを考慮すれば、そうした懸念を持つことが重要だという考えからだ。その一方で、対面による診察を行わなければ、適切な評価、診断はできないという批判も出されている。

テキサス大学サウスウェスタン医療センターのジョン・タルマッジ教授(精神医学)は今週、「トランプはどんな問題に関しても政策がない。精神疾患によって戦略的、抽象的な思考ができないからだ」とツイートした。

「複数の選択肢を比較したり、リスクを評価したり、結果を予測したりすることができない。公平、公正、敬意、一貫性といった概念は文字通り理解できない。それはトランプのすべてのインタビューやメディア取材から見て取ることができる。抽象的な思考、アイデアを語ることはない」

「その代わりに、恥さらし、酷い、低能、完璧、いやらしい、バカな、フェイクなどといった単純な形容詞を使う。トランプはネガティブな感情に動かされ、しばしば被害妄想に陥り、(相手を)侮辱したり、辛辣に批判したり、下品に振舞ったりする」

これについてテキサス大学は、タルマッジの個人的な立場の発言だとしている。

一般人には分かりにくい

タルマッジはまた、トランプは「子供じみた形容詞」を使って「浅はかな口調」で積極性を表現し、計画やプロジェクトを議論するうえで詳細は語らない。

「その意味ははっきりしている。トランプにはビジョンや計画がない。はっきりした、初歩的な、子供のような、表面的な言葉でしか考えられないからだ。例えばトランプは、『地政学的な影響がある多国間の紛争を米軍が安定化させる』といった抽象的な表現は理解できない」と、タルマッジは書いている。

「こうしたトランプの脳の機能不全は、一般の人たちには理解し難い。一般の人たちにとって、抽象的思考は自然に織り込まれるもので、ほとんど意識されない。一般の人たちは、結果とリスク評価を意識し、ほとんどの場合に合理的な決断をする」

「事実、トランプは正常ではなく、精神疾患を抱えている。正常な思考ができず、危険だ。大統領職を離れた時、文字通り何が起きたか理解していないだろう。話をでっち上げ、ウソをつき、ヒラリーのメール問題について喚き散らすしかない」

ニュース速報

ワールド

EXCLUSIVE-中国アリババ傘下のアント、上海

ワールド

韓国サムスン電子の李健煕会長が死去、最大財閥で存在

ワールド

アントの上場、過去最大規模になる見込み=ジャック・

ワールド

アジアのコロナ感染者が1000万人突破、インドで感

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

  • 7

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

  • 10

    アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月