最新記事

食糧

宇宙空間で培養ステーキ肉の生成に成功......その目的は宇宙だけじゃなかった

2019年10月10日(木)18時00分
松岡由希子

土地や水資源に依存せず、食用肉を生産する...... alephfarms

<宇宙で培養肉を生成することに世界で初めて成功。土地や水資源に依存せず、微小重力状態でも適用可能であることを示す成果として、注目を集めている......>

細胞培養肉の開発に取り組むイスラエルのスタートアップ企業「アレフ・ファームズ」は、地球から339キロメートル離れた国際宇宙ステーション(ISS)において、露企業「3Dバイオプリティング・ソリューションズ」の3Dバイオプリンターを用い、培養肉を生成することに世界で初めて成功した。

土地や水資源に依存せず、屠殺せずに食用肉を生産する新たな手法が、微小重力状態でも適用可能であることを示す成果として、注目を集めている。

matuoka1010b.jpg3Dバイオプリティング・ソリューションズの3Dバイオプリンター

世界で初めて細胞培養肉によるステーキの生成に成功していた

アレフ・ファームズでは、ウシの体内で起こる筋肉組織の再生プロセスを模倣した細胞培養肉の生成技術を開発している。2018年12月には、世界で初めて細胞培養肉によるステーキの生成に成功。動物細胞から複数の種類の細胞を培養し、三次元に成型することで、食肉と同じ見た目や味、食感が再現された"肉"が生成できる。

一般に、牛肉1キロを生産するためには1万リットルから1万5000リットルの水が必要とされているが、培養肉の生産に要する水や土地は、従来の畜産に比べて10分の1程度だという。

今回の国際宇宙ステーションでの実験では、ウシの細胞と培地を培養機器に入れ、「ソユーズMS-15宇宙船」にこれを積み込んだ。「ソユーズMS-15宇宙船」は、2019年9月25日、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーションのロシアセグメントに向けて離陸。国際宇宙ステーションに到着後、ロシアの宇宙飛行士が「3Dバイオプリティング・ソリューションズ」の3Dバイオプリンターに培養した細胞を入れ、筋肉組織に成型した。国際宇宙ステーションで成型された培養肉のサンプルは10月3日、無事、地上に戻っている。

アレフ・ファームズは、この実験の目的の一つを、気候変動の中での食糧安全保障の必要性に迫られている今、水や土地が少ない環境でも肉を生成できることを示すことで、地球上の天然資源を節約しながら多くの食料を生産するための直接的な試み、としている。

NASAはロメインレタスの栽培に成功している

いっぽう、宇宙空間で食料を生産する試みは、すでにいくつか見られる。2015年8月には、国際宇宙ステーションでロメインレタスの栽培に成功した。アメリカ航空宇宙局(NASA)では、現在、宇宙空間の微小重力状態で作物を栽培する研究プロジェクトに取り組んでおり、将来的には、トマトやパプリカ、ベリー、豆などの栽培も視野に入れている。

Space Station Live: Lettuce Look at Veggie


野菜だけでなく、培養肉が宇宙空間で生産できるようになれば、深宇宙探査や月・火星への入植において、貴重なタンパク源の確保に役立ちそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

爆発的感染の前に医療機能不全も、体制強化が喫緊=専

ワールド

米、対イラン制裁緩和検討も ロウハニ大統領「米は機

ワールド

中国、新規感染者が36人に減少 無症状感染者を新た

ビジネス

英製造業PMI、3月は47.8 2012年7月以来

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月