最新記事

食糧

宇宙空間で培養ステーキ肉の生成に成功......その目的は宇宙だけじゃなかった

2019年10月10日(木)18時00分
松岡由希子

土地や水資源に依存せず、食用肉を生産する...... alephfarms

<宇宙で培養肉を生成することに世界で初めて成功。土地や水資源に依存せず、微小重力状態でも適用可能であることを示す成果として、注目を集めている......>

細胞培養肉の開発に取り組むイスラエルのスタートアップ企業「アレフ・ファームズ」は、地球から339キロメートル離れた国際宇宙ステーション(ISS)において、露企業「3Dバイオプリティング・ソリューションズ」の3Dバイオプリンターを用い、培養肉を生成することに世界で初めて成功した。

土地や水資源に依存せず、屠殺せずに食用肉を生産する新たな手法が、微小重力状態でも適用可能であることを示す成果として、注目を集めている。

matuoka1010b.jpg3Dバイオプリティング・ソリューションズの3Dバイオプリンター

世界で初めて細胞培養肉によるステーキの生成に成功していた

アレフ・ファームズでは、ウシの体内で起こる筋肉組織の再生プロセスを模倣した細胞培養肉の生成技術を開発している。2018年12月には、世界で初めて細胞培養肉によるステーキの生成に成功。動物細胞から複数の種類の細胞を培養し、三次元に成型することで、食肉と同じ見た目や味、食感が再現された"肉"が生成できる。

一般に、牛肉1キロを生産するためには1万リットルから1万5000リットルの水が必要とされているが、培養肉の生産に要する水や土地は、従来の畜産に比べて10分の1程度だという。

今回の国際宇宙ステーションでの実験では、ウシの細胞と培地を培養機器に入れ、「ソユーズMS-15宇宙船」にこれを積み込んだ。「ソユーズMS-15宇宙船」は、2019年9月25日、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーションのロシアセグメントに向けて離陸。国際宇宙ステーションに到着後、ロシアの宇宙飛行士が「3Dバイオプリティング・ソリューションズ」の3Dバイオプリンターに培養した細胞を入れ、筋肉組織に成型した。国際宇宙ステーションで成型された培養肉のサンプルは10月3日、無事、地上に戻っている。

アレフ・ファームズは、この実験の目的の一つを、気候変動の中での食糧安全保障の必要性に迫られている今、水や土地が少ない環境でも肉を生成できることを示すことで、地球上の天然資源を節約しながら多くの食料を生産するための直接的な試み、としている。

NASAはロメインレタスの栽培に成功している

いっぽう、宇宙空間で食料を生産する試みは、すでにいくつか見られる。2015年8月には、国際宇宙ステーションでロメインレタスの栽培に成功した。アメリカ航空宇宙局(NASA)では、現在、宇宙空間の微小重力状態で作物を栽培する研究プロジェクトに取り組んでおり、将来的には、トマトやパプリカ、ベリー、豆などの栽培も視野に入れている。

Space Station Live: Lettuce Look at Veggie


野菜だけでなく、培養肉が宇宙空間で生産できるようになれば、深宇宙探査や月・火星への入植において、貴重なタンパク源の確保に役立ちそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

欧州の平均気温、20年は過去最高=EU気象情報機関

ビジネス

米、温室ガス30年に半減へ 中国は石炭減 気候変動

ビジネス

ECB、大規模な量的緩和維持 PEPP縮小は「時期

ビジネス

米新規失業保険申請、54.7万件に改善 2週連続で

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月