最新記事

ネット

トランプのウィキペディアページは常に戦争中

Donald Trump’s Wikipedia Entry Is a War Zone

2019年6月21日(金)16時20分
アーロン・マク

編集者は疑わしい投稿にも目を光らせている。トランプ政権の誰かが、都合のいいように修正しようとしている可能性があるからだ。ツイッターも含め、政治的な意図による情報操作は珍しいことではない。

一方で編集者のプライバシーは慎重に保護されている。編集者や管理者の本名や経歴などは公表されていない。

トランプのページに関与している編集者も、トランプに詳しいから選ばれた専門家ではない。トークページの議論に積極的に参加し、編集に貢献してきた実績で選ばれている。

「概要」めぐり議論沸騰

彼らはページの記述の守護者であり、どんなに小さな加筆や修正も徹底的に議論する。閲覧する側は、誰が書き、誰が編集しているのかを知る由もない。ただし、編集者の中には自分の素性をほのめかしたり、ヒントを与えたりする人もいる。トランプのページに関して言えば、こんな人たちだ。

Scjessey は米ペンシルベニア州在住のイギリス人で、元ウェブ・デザイナー。モータースポーツに関する記事の編集も手掛けている。編集歴が10年以上の JFG はスイス人だ。「スイス人は中立、独立、正確で知られている。これぞウィキペディアに求められる資質だ!」とメールで伝えてきた。

例の米ロ首脳会談でのトランプ発言について記述すべきだと主張した MrX は11年にウィキで活動を始め、建築と地理、政治のページを手掛けている。しばしばトランプ擁護に回る Atsme は元ドキュメンタリー映画の制作者で、海洋生物に関するページの編集もする。

編集者の議論が最も沸騰するのは、ページの先頭に置かれた4パラグラフから成る概要部分だ。ウィキはこの部分をとりわけ重視している。平均的な閲覧者は1つのトピックに数分しか費やさないとされるので、最初の4パラグラフしか読まない可能性が高いからだ。

トランプのページで言えば、4パラグラフの概要にロバート・ムラー特別検察官によるロシア疑惑捜査の結果を書き込むべきだと主張する編集者もいるが、まだ結論は出ていない。

最も議論を呼んでいるのは、3パラグラフ目にある「彼の発言や行動の多くは人種差別と取られかねない、あるいは人種差別主義者のものとされている」の部分だろう。

卑怯な書き方だ、と反発する編集者もいる。編集者 HiLo48 は「『人種差別と取られかねない』は曖昧で不明瞭ではないか」と、トークページに書き込んでいる。「これではトランプ本人がよく使う言い逃れ表現とほとんど同じだ」

ニュース速報

ワールド

米厚生長官が訪台へ、断交以降で最高レベル 中国は反

ビジネス

新型コロナ、都内で263人の感染確認 愛知は緊急事

ビジネス

アサヒ、今期は38%営業減益に 新型コロナで業務用

ビジネス

中国、金融緩和の強化は不要─人民銀金融政策委員=報

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月