最新記事

ネット

トランプのウィキペディアページは常に戦争中

Donald Trump’s Wikipedia Entry Is a War Zone

2019年6月21日(金)16時20分
アーロン・マク

ヘルシンキ会談についての議論が始まって10日後、管理者の Awilley はこの項目を加えることに十分な支持があるという判断を下し、議論を終えた。

トランプのページのロシアの項目は現在、「ロシアの選挙妨害を否定するプーチン大統領を支持するかのようなトランプの発言は、アメリカで超党派的な厳しい批判を浴びた。......このコメントは多くの共和党議員や大半のコメンテーター、通常はトランプを支持している人々からも厳しく批判された」となっている。

ウィキは「素早い」を意味するハワイ語で、ペディアはエンサイクロペディア(百科事典)の短縮形。だが速報性と百科事典的な慎重さの両立は難しい。特に「トランプ」のような項目ではそうだ。トランプのページは、ウィキが閲覧データの記録を取り始めた2007年12月以来、個人に関するものとしては最も閲覧回数が多い。今年1月までに、2位の「バラク・オバマ」(前米大統領)より3000万回多い1億5600万回も閲覧された。

その記述は基本的に伝記であり、大統領としてのトランプについての記述は全体の約30%にすぎない。また「大統領ドナルド・トランプ」や「ソーシャルメディア上のトランプ」などは別に立項されている。

トランプのページは常に更新されている。04年に登場して以来、書き換えられた回数は誤字の修正などを含めて2万8000回以上。修正に至るトークページの議論の内容は、全て保存されている。

トークページは、運営母体であるウィキメディア財団のキャサリン・マー事務長に言わせると「ウィキのあらゆる記事を生み出すニュース編集室」だ。

トランプの大統領就任以降、このページの編集作業はずっと困難になった。昨年11月には上級編集者のアカウントが何者かに乗っ取られ、トランプの顔写真が差し替えられた。ペニスの写真に、だ。

誰かがスマホのAI音声アシスタントに「トランプって?」と語り掛けると画面にペニスのクローズアップが映し出される。トークページの編集者たちは、この事件が報道されると模倣犯が続出しないかと心配した。この事件を受けて、管理者の MelanieN はトランプのページを一時的に「全保護」し、管理者しか編集できないようにした。

ウィキでは最も厳しい措置だ。現在も外部からの編集がブロックされているページには「コーラン」や「バージニア工科大学銃乱射事件」などがある。

トランプのページはよく「全保護」の対象になる。筆者がスペルや句読点の打ち方の間違いを指摘した時も、上級編集者の承認を得るまでは修正を実行できなかった。多少の変更でも大きな問題になりかねないからだ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、コロナ対策阻止へ 民主党が郵便投票資金

ワールド

食品流通とコロナ感染関連示す証拠なし、WHOが中国

ビジネス

コロナ禍、単親世帯を直撃 「子どもが食事抜く例も」

ビジネス

アングル:中国企業の米IPO意欲衰えず、上場廃止の

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月