最新記事

ネット

トランプのウィキペディアページは常に戦争中

Donald Trump’s Wikipedia Entry Is a War Zone

2019年6月21日(金)16時20分
アーロン・マク

ヘルシンキ会談についての議論が始まって10日後、管理者の Awilley はこの項目を加えることに十分な支持があるという判断を下し、議論を終えた。

トランプのページのロシアの項目は現在、「ロシアの選挙妨害を否定するプーチン大統領を支持するかのようなトランプの発言は、アメリカで超党派的な厳しい批判を浴びた。......このコメントは多くの共和党議員や大半のコメンテーター、通常はトランプを支持している人々からも厳しく批判された」となっている。

ウィキは「素早い」を意味するハワイ語で、ペディアはエンサイクロペディア(百科事典)の短縮形。だが速報性と百科事典的な慎重さの両立は難しい。特に「トランプ」のような項目ではそうだ。トランプのページは、ウィキが閲覧データの記録を取り始めた2007年12月以来、個人に関するものとしては最も閲覧回数が多い。今年1月までに、2位の「バラク・オバマ」(前米大統領)より3000万回多い1億5600万回も閲覧された。

その記述は基本的に伝記であり、大統領としてのトランプについての記述は全体の約30%にすぎない。また「大統領ドナルド・トランプ」や「ソーシャルメディア上のトランプ」などは別に立項されている。

トランプのページは常に更新されている。04年に登場して以来、書き換えられた回数は誤字の修正などを含めて2万8000回以上。修正に至るトークページの議論の内容は、全て保存されている。

トークページは、運営母体であるウィキメディア財団のキャサリン・マー事務長に言わせると「ウィキのあらゆる記事を生み出すニュース編集室」だ。

トランプの大統領就任以降、このページの編集作業はずっと困難になった。昨年11月には上級編集者のアカウントが何者かに乗っ取られ、トランプの顔写真が差し替えられた。ペニスの写真に、だ。

誰かがスマホのAI音声アシスタントに「トランプって?」と語り掛けると画面にペニスのクローズアップが映し出される。トークページの編集者たちは、この事件が報道されると模倣犯が続出しないかと心配した。この事件を受けて、管理者の MelanieN はトランプのページを一時的に「全保護」し、管理者しか編集できないようにした。

ウィキでは最も厳しい措置だ。現在も外部からの編集がブロックされているページには「コーラン」や「バージニア工科大学銃乱射事件」などがある。

トランプのページはよく「全保護」の対象になる。筆者がスペルや句読点の打ち方の間違いを指摘した時も、上級編集者の承認を得るまでは修正を実行できなかった。多少の変更でも大きな問題になりかねないからだ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月