最新記事

イタリア

アマンダ・ノックス、それでも消えない「集団セックス殺人魔」の汚名

Amanda Knox 'Traumatized' By Media Coverage As She Returns To Italy

2019年6月18日(火)14時30分
サラ・ガイ

裁判以来初めてイタリアに戻り、自分への不当な仕打ち訴えるアマンダ・ノックス Guglielmo Mangiapane-REUTERS

<2011年の釈放以来初めて、「あの事件」の舞台であるイタリアを訪ねたアマンダ・ノックスを待っていたのは、容赦ないマスコミと人々の冷たい目だった>

2009年イタリアで、イギリス人留学生メレディス・カーチャー(当時21)が集団セックスを強要された上、惨殺された。容疑者として捕まったのが、カーチャーのルームメイトでアメリカ人のアマンダ・ノックス(当時20)。セックス殺人魔との疑惑の目を向けられた起訴された冷たい美貌のノックスの去就に、世界中がクギ付けになった。

2011年に無罪が確定し、アメリカに帰っていたノックスが6月13日、釈放以来はじめて、イタリアに戻った。だが複数の報道によれば、彼女のイタリア再訪は順調とは言えないようだ。

ネットフリックスのドキュメンタリー『アマンダ・ノックス』


ノックスがわざわざイタリアを訪れたのは、冤罪の防止に取り組んでいる非営利組織「イノセンス・プロジェクト」が主催する刑事司法に関する会議に出席するためだった。だがノックスを待っていたのは、血に飢えたメディア。イベントの主催者の一人がNBCニュースに語ったところによれば、14日の会議に現れた彼女はメディアのせいで「心に傷を負って」会場を去ったという。


<関連記事>集団セックス殺人、無罪確定の理由
<関連記事>集団セックス殺人の「推定有罪」


ノックスは6月に入ってからメディア向けに次のような文章を発表していた。「自分が犯していない殺人の罪に問われ、裁判にかけられていた間、検察側は私をセックス狂いの魔性の女に仕立て上げ、メディアは長年、既に十分センセーショナルでひどく不当なストーリーをさらにセンセーショナルに取り上げることによって利益を得てきた」

CBSニュースによれば、イノセンス・プロジェクト(フロリダ支部)のセス・ミラー事務局長はかつて、ノックスが再びイタリアを訪れることに関する議論の中で、イタリア再訪は「里帰りか、召集か、あるいは狂騒」のいずれかになるだろうと予想していた。

被害者の遺族が反発

2009年に懲役26年の実刑判決を受けた後も、ノックスは一貫して無罪を主張して闘い続けた。イタリアの刑務所に4年間服役した後、2015年に最高裁で無罪が確定した。それでも今回、彼女がイタリアに到着した後、カーチャーの遺族を代表する弁護士は、彼女のイタリア訪問は「不適切」だと非難。さらに「刑事司法に関する専門家討論会に彼女を招くこと自体が誤りだ」と主張した。

31歳になったノックスはこれまでも、自分の汚れたイメージを変えるためにさまざまな活動を行ってきた。2013年には、イタリアの刑事裁判制度の中で体験したことを詳細に記した回顧録『Waiting to be Heard(私の言い分を聞いてもらえる日を待っている)』を出版。ネットフリックスのドキュメンタリー『アマンダ・ノックス』に出演したり、『真の犯罪についての真実』というポッドキャストの番組でホストを務めたり、彼女に対するメディアの仕打ちを検証するシリーズ番組『スカーレットレター・リポート』ではリポーターを務めた。

6月15日、イタリアのモデナで刑法の専門家会議に出席したノックス。流暢なイタリア語で話している


ノックスは15日の会議に登壇。自分が受けた有罪判決は不当なものだったとして、当時を振り返りながら涙ながらに訴えた。

(翻訳:森美歩)

magSR190625issue-cover200.jpg
※6月25日号(6月18日発売)は「弾圧中国の限界」特集。ウイグルから香港、そして台湾へ――。強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴とは何か。香港デモと中国の限界に迫る。

ニュース速報

ビジネス

印ザイダス、コロナ治療薬「レムデシビル」の後発医薬

ワールド

NZ、新型コロナ感染源特定に全力 総選挙控え封じ込

ワールド

台湾、2021年に防衛支出を10.2%拡大へ

ワールド

国連人権高等弁務官、ベラルーシ当局のデモ弾圧を批判

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月