最新記事

イタリア

集団セックス殺人の「推定有罪」

司法の判断はともかく、世論という法廷ではノックス被告は有罪判決を受けたに等しい

2009年12月3日(木)17時03分
バービー・ナドー(ローマ支局)

天使か悪魔か 公判に姿を現したノックス被告(11月30日) Alessandro Bianchi-Reuters

 アマンダ・ノックスといえば、イタリアやアメリカ、イギリスでは誰もが知る名前だ。みんな顔を見ればノックスだとすぐ分かるし、彼女が犯したとされている犯罪はつとに有名だ。

 22歳のノックスはアメリカのシアトル出身。2年前、イタリア留学中にイギリス人のルームメイト、メレディス・カーチャーに性的暴行を加えたうえで殺害したとの罪に問われている。

 イタリアのペルージャで裁判が始まったのは今年1月。判決は12月4〜5日に出るとみられている。もし有罪となれば、終身刑を言い渡される可能性が高い。もし無罪なら、すぐにシアトル行きの便に飛び乗るだろう。大勢のジャーナリストをお供に連れて。

 だがたとえ刑を免れたとしても、ノックスのイメージはすっかり傷ついている。彼女はもはや、人々からどう見られるかを自分でコントロールすることはできない。

 メディアではノックスは「天使の顔をした悪魔」として描かれることもあれば、「どこにでもいるさわやかな女の子」だと伝えられることもある。報道は過熱した。イタリアではしばしば、ノックスの写真が新聞の第一面を飾り、イギリスの大衆紙は彼女のことを性悪女のように書き立てた。

 多くのブログで取り上げられ、事件をネタにした本は6冊も出た。テレビ局はドキュメンタリー番組を作った。ブロガーも作家も番組制作者もみんな、事件やノックスへの世間の強い関心を利用して金を稼ごうとしている。

 ノックス自身、本の出版交渉をしている最中だとの話もある。彼女の人生を描いた映画の計画までうわさされている。まだ22歳だというのにだ。

 ノックスという人物をめぐってはすでに報道しつくされた感があるが、まだ謎の部分も残っている。

 着る服やメディアへの応対について批判されることもある(バレンタインデーの公判に『愛こそすべて』と書かれたピンクのTシャツ姿で出廷したり、法廷に入るたびにカメラの前で微笑んでポーズを取ったりしているからだ)。カメラはしばしば、公判中にノックスがノートに何を書いているかまで撮影している。

家族の行状もすべて報道

 論告求刑で検察はノックスのことを「極悪非道で悪魔のような女」だと述べ、強い性的欲求から強姦と殺人に及んだと主張した。長きにわたった公判のなかで、検察側の証人はノックスの身だしなみや性生活、使っていた大人の玩具について証言を行なった。

 ノックスが感情をあまり表に出さないとメディアは「冷淡」だと報じ、逆にあらわにすれば「変人」扱いした。故郷シアトル時代の生活もほじくり返され、ペルージャにやってきた家族の行状も逐一、報道された。

 ノックスの弁護団は最終弁論の大半をメディア批判に費やした。「彼女は世論という法廷でも裁かれてきた。われわれはそれをまともに取り合わないようにしてきたが」と、ノックスの弁護士のカルロ・ダラベドバは12月1日、陪審員に向かって訴えた。

 もっともノックスの両親は、裁判が始まってからというものアメリカのテレビで娘の弁護をしてきたのだが......。「世論の戦いに勝つのは不可能だ」

 イタリア当局も法廷闘争を開始した。11月27日、イタリアに到着したノックスの両親は自分たちが名誉毀損罪で捜査対象になっていることを知らされた。イギリスの新聞に対し、娘は警察に殴られたと語ったためだ(ノックス自身は警官に殴打されて嘘の供述を強要されたと述べているが、弁護団は警察の違法行為を申し立ててはいない)。

 ペルージャ警察にとっては、先手を打って告発することは殴打の事実を否定するとともに、イタリア国民に対してノックスの供述が強要されたものではないことを印象づける目的がある。

ニュース速報

ワールド

韓国、コロナ検査3000件で抗体反応は1人 市中感

ワールド

高い緊張感持って感染状況を注視している=コロナ感染

ワールド

東京のコロナ新規感染224人、過去最多も政府は緊急

ビジネス

中国は貿易の安定と企業支援打ち出す必要─胡副首相=

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月