最新記事

事件

集団セックス殺人、無罪確定の理由

男友達と共謀してルームメイトを暴行殺害したとして有罪判決を受けたアマンダ・ノックスを逆転無罪にした捜査ミス

2015年9月9日(水)17時30分
コナー・ギャフィー

裁判も見世物 ノックスが無罪になった理由の1つに過熱報道が挙げられている(09年) Alessandro Bianchi - REUTERS

 2007年11月、イタリア中部のペルージャで、イギリス人留学生の女性(21)が殺害された。この事件の裁判は当時、国際的に大きな注目を集めた。集団セックスを強要された上での惨殺だったこと、そして、被害者のルームメイトだったアメリカ人留学生の女性が被告の1人だったことがその理由だ。

 住んでいたアパートの寝室で、喉を切られ、半裸の状態で発見されたメレディス・カーチャー。性的暴行の痕跡もあった。4日後に逮捕されたのは、カーチャーとアパートをシェアしていた米シアトル出身のアマンダ・ノックス(当時20歳)と、彼女の恋人だったイタリア人のラファエル・ソレチト(当時23歳)だった。

 食い違う証言、不可解な証拠、ゴシップ誌にまで格好のネタを提供するノックス自身や彼女の家族の言動......。イタリアでもアメリカでも盛んに報じられ、特にアメリカでは冤罪との見方も広まったが、09年12月、ノックスは懲役26年、ソレチトは懲役25年の実刑判決を受けた。

 それがここに来て、逆転無罪だ。イタリアの破毀院(最高裁判所)は、捜査に「明白な誤り」があったとして、ノックス(現在28歳)とソレチト(現在31歳)に、カーチャー殺人の無罪を言い渡した。BBCによれば、2人のいずれも殺害と結びつく「生物学的痕跡がまったくない」ことを検察が無視したと、最高裁は結論づけた。

最高裁は検察側のミスをいくつも指摘

 これまでも、判決は二転三転してきた。約4年間の服役後、11年10月には、イタリアの控訴裁判所が証拠不十分としてノックスとソレチトに逆転無罪を言い渡した。しかし、14年1月に無罪判決は破棄され、禁固刑に。それが今年になって、また逆転無罪が確定したわけだ。

 9月7日に公表された判決理由書によれば、最高裁はいくつかのミスを指摘している。たとえば、捜査官がノックスとカーチャーのコンピュータを焼却したこと(新たな証拠が見つかっていたかもしれない)、14年に再び有罪判決を下した控訴裁が、証拠が汚染されている可能性を指摘した専門家のアドバイスを無視したこと。AP通信によれば、各国メディアの過熱報道も「捜査を急かす原因になった」と最高裁は結論づけているという。

 現在はシアトルに住むノックスは9月7日、「イタリアの最高裁が判決理由を公表し、私の無罪を強く宣言してくれたことに深く感謝している」とブログに書いた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中