最新記事

事件

集団セックス殺人、無罪確定の理由

男友達と共謀してルームメイトを暴行殺害したとして有罪判決を受けたアマンダ・ノックスを逆転無罪にした捜査ミス

2015年9月9日(水)17時30分
コナー・ギャフィー

裁判も見世物 ノックスが無罪になった理由の1つに過熱報道が挙げられている(09年) Alessandro Bianchi - REUTERS

 2007年11月、イタリア中部のペルージャで、イギリス人留学生の女性(21)が殺害された。この事件の裁判は当時、国際的に大きな注目を集めた。集団セックスを強要された上での惨殺だったこと、そして、被害者のルームメイトだったアメリカ人留学生の女性が被告の1人だったことがその理由だ。

 住んでいたアパートの寝室で、喉を切られ、半裸の状態で発見されたメレディス・カーチャー。性的暴行の痕跡もあった。4日後に逮捕されたのは、カーチャーとアパートをシェアしていた米シアトル出身のアマンダ・ノックス(当時20歳)と、彼女の恋人だったイタリア人のラファエル・ソレチト(当時23歳)だった。

 食い違う証言、不可解な証拠、ゴシップ誌にまで格好のネタを提供するノックス自身や彼女の家族の言動......。イタリアでもアメリカでも盛んに報じられ、特にアメリカでは冤罪との見方も広まったが、09年12月、ノックスは懲役26年、ソレチトは懲役25年の実刑判決を受けた。

 それがここに来て、逆転無罪だ。イタリアの破毀院(最高裁判所)は、捜査に「明白な誤り」があったとして、ノックス(現在28歳)とソレチト(現在31歳)に、カーチャー殺人の無罪を言い渡した。BBCによれば、2人のいずれも殺害と結びつく「生物学的痕跡がまったくない」ことを検察が無視したと、最高裁は結論づけた。

最高裁は検察側のミスをいくつも指摘

 これまでも、判決は二転三転してきた。約4年間の服役後、11年10月には、イタリアの控訴裁判所が証拠不十分としてノックスとソレチトに逆転無罪を言い渡した。しかし、14年1月に無罪判決は破棄され、禁固刑に。それが今年になって、また逆転無罪が確定したわけだ。

 9月7日に公表された判決理由書によれば、最高裁はいくつかのミスを指摘している。たとえば、捜査官がノックスとカーチャーのコンピュータを焼却したこと(新たな証拠が見つかっていたかもしれない)、14年に再び有罪判決を下した控訴裁が、証拠が汚染されている可能性を指摘した専門家のアドバイスを無視したこと。AP通信によれば、各国メディアの過熱報道も「捜査を急かす原因になった」と最高裁は結論づけているという。

 現在はシアトルに住むノックスは9月7日、「イタリアの最高裁が判決理由を公表し、私の無罪を強く宣言してくれたことに深く感謝している」とブログに書いた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月