最新記事

動物

空港に残されたスーツケースから絶滅危惧種含むカメ1529匹 フィリピン密輸トレンドは希少動物?

2019年3月7日(木)17時50分
大塚智彦(PanAsiaNews)

スーツケースには末端価格1000万円近い「ブツ」が...... euronews (in English) / YouTube

<ドゥテルテ大統領の強硬な麻薬対策が功を奏し薬物の密輸は減ったが、一方で増えてきた密輸品は......>

フィリピンのマニラ首都圏にあるニノイ・アキノ国際空港で3月3日、絶滅危惧種に指定され取引が禁止されているカメ約1500匹が乗客のスーツケースから発見され、その場で押収された。

荷物の持ち主は違法な密輸の発覚を恐れたためか荷物を放置して空港外に逃走して行方をくらませており、フィリピン警察が税関当局と協力して行方を捜索している。

フィリピンは近年、麻薬密輸の東南アジア地域の拠点として利用され、中南米からコカインが流入するなど、生産地と消費地をつなぐ密輸の中継基地として国際的麻薬シンジケートから注目されている。

その一方で違法な動物密輸も多く摘発されるなど、希少動物密輸の一大拠点となっている。その背景には空港の税関職員や警察官などの腐敗、麻薬犯罪への超法規的措置による厳しい取り締まりで犯罪組織が「麻薬から希少動物へ」と"メニュー替え"していることなども考えられている。

3月3日、ニノイ・アキノ国際空港第3ターミナルに到着した香港発フィリピン航空311便の乗客らが入国管理で手続きを済ませ、預け荷物をピックアップして税関検査に向かった後、4つのスーツケースが残されていたという。

不審に思った税関職員がX線検査で調べたところ不審物があり、職権でスーツケースを開けたところ、次々と生きたカメが見つかった。カメはいずれも手足を灰色のガムテープ状のもので固定され、衣服や靴の中に巧妙に隠されていたという。

税関職員と警察官が調べたところインドホシガメ、アカアシガメ、ケヅメリクガメ、ミシシッピアカミミガメの4種類、計1529匹を確認し押収した。

4種のカメのうちペットとして一般的に飼育されているミシシッピアカミミガメを除いた3種は国際自然保護連盟(IUCN)のよって絶滅の危機に瀕した「危急種」としてレッドリストに分類されており、取引や売買が禁止されている。

荷物の持ち主は逃走、行方不明

肝心の密輸容疑者であるスーツケースの所有者は空港内にいなかったことから、空港警察では密輸の発覚を恐れて逃走したものとみている。地元紙に税関当局者は、預け荷物をピックアップする場所や税関付近にある「違法な密輸に関する厳しい刑罰が書かれた注意の掲示」を読んだ容疑者が密輸を断念して荷物を置いたまま逃走したとの見方を示している。

もっとも預け荷物は香港でのチェックインの際にどの乗客の荷物かはわかるようになっており、警察ではこれを手掛かりにして入国審査での容疑者のパスポート情報と合わせて個人を特定することは困難でないとみている。

税関当局や空港警察では、1529匹のカメはフィリピン国内で売買するか、第3国にさらに密輸する目的に持ち込まれたとみており、ブラックマーケットでの価格は約450万ペソ(約970万円)になると推計している。

輸出された香港、輸入されたフィリピンともに希少動物の密輸には厳罰主義で臨んでおり、容疑者には最高で1億4000万円相当の罰金と10年間の禁固刑が適用される可能性があるという。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工…

  • 5

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 6

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 7

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月