最新記事

動物

空港に残されたスーツケースから絶滅危惧種含むカメ1529匹 フィリピン密輸トレンドは希少動物?

2019年3月7日(木)17時50分
大塚智彦(PanAsiaNews)

スーツケースには末端価格1000万円近い「ブツ」が...... euronews (in English) / YouTube

<ドゥテルテ大統領の強硬な麻薬対策が功を奏し薬物の密輸は減ったが、一方で増えてきた密輸品は......>

フィリピンのマニラ首都圏にあるニノイ・アキノ国際空港で3月3日、絶滅危惧種に指定され取引が禁止されているカメ約1500匹が乗客のスーツケースから発見され、その場で押収された。

荷物の持ち主は違法な密輸の発覚を恐れたためか荷物を放置して空港外に逃走して行方をくらませており、フィリピン警察が税関当局と協力して行方を捜索している。

フィリピンは近年、麻薬密輸の東南アジア地域の拠点として利用され、中南米からコカインが流入するなど、生産地と消費地をつなぐ密輸の中継基地として国際的麻薬シンジケートから注目されている。

その一方で違法な動物密輸も多く摘発されるなど、希少動物密輸の一大拠点となっている。その背景には空港の税関職員や警察官などの腐敗、麻薬犯罪への超法規的措置による厳しい取り締まりで犯罪組織が「麻薬から希少動物へ」と"メニュー替え"していることなども考えられている。

3月3日、ニノイ・アキノ国際空港第3ターミナルに到着した香港発フィリピン航空311便の乗客らが入国管理で手続きを済ませ、預け荷物をピックアップして税関検査に向かった後、4つのスーツケースが残されていたという。

不審に思った税関職員がX線検査で調べたところ不審物があり、職権でスーツケースを開けたところ、次々と生きたカメが見つかった。カメはいずれも手足を灰色のガムテープ状のもので固定され、衣服や靴の中に巧妙に隠されていたという。

税関職員と警察官が調べたところインドホシガメ、アカアシガメ、ケヅメリクガメ、ミシシッピアカミミガメの4種類、計1529匹を確認し押収した。

4種のカメのうちペットとして一般的に飼育されているミシシッピアカミミガメを除いた3種は国際自然保護連盟(IUCN)のよって絶滅の危機に瀕した「危急種」としてレッドリストに分類されており、取引や売買が禁止されている。

荷物の持ち主は逃走、行方不明

肝心の密輸容疑者であるスーツケースの所有者は空港内にいなかったことから、空港警察では密輸の発覚を恐れて逃走したものとみている。地元紙に税関当局者は、預け荷物をピックアップする場所や税関付近にある「違法な密輸に関する厳しい刑罰が書かれた注意の掲示」を読んだ容疑者が密輸を断念して荷物を置いたまま逃走したとの見方を示している。

もっとも預け荷物は香港でのチェックインの際にどの乗客の荷物かはわかるようになっており、警察ではこれを手掛かりにして入国審査での容疑者のパスポート情報と合わせて個人を特定することは困難でないとみている。

税関当局や空港警察では、1529匹のカメはフィリピン国内で売買するか、第3国にさらに密輸する目的に持ち込まれたとみており、ブラックマーケットでの価格は約450万ペソ(約970万円)になると推計している。

輸出された香港、輸入されたフィリピンともに希少動物の密輸には厳罰主義で臨んでおり、容疑者には最高で1億4000万円相当の罰金と10年間の禁固刑が適用される可能性があるという。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    自動運転車の大敵は「虫」だった

  • 8

    ドラマ『チェルノブイリ』、事実がまっすぐ伝えられ…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月