最新記事

ヘルス

インド発の健康スーパースナック「オニバスの種」登場

The Hottest New Superfood Snack

2019年2月26日(火)18時45分
イブ・ワトリング

見た目はポップコーンだが素材はスイレンの仲間 Subodhsathe/iStock.

<低カロリーで食物繊維も栄養価もたっぷり、環境にも優しいオニバスの種がアメリカでブレイク中>

見た目は妙に丸っこいポップコーンだが、素材はアメリカの大型農場で大量の農薬を浴びて育ったトウモロコシではない。インドの沼地でのんびり育ったオニバス(鬼蓮)の種子だ。オニバスはモネの絵で有名なスイレンの仲間で、お釈迦様が乗る蓮の遠縁に当たる。しかも、現代人の食生活で不足しがちな栄養素を豊富に含んでいる。

そう、今年のアメリカではオニバスの種が私たちの「体に優しい」スナックとして大ヒットの予感。もともと原産地のインドでは、伝統的なおやつとして人気の食材だ。

「ふわっとしているのに、一口目はカリッとしている」と言うのは、「ボハナ」というブランド名でオニバスの種を売り出したプリヤル・バーティア。「そのままだと少し土臭いけど、いろんなスパイスで風味を加えるとおいしくなる」

オニバスをアメリカ市場にもたらしたのはインド系の人たちだ。例えばアシャとジャイのファルスワニ親子は17年にロサンゼルスの青空市場でオニバスの種を売り始めたが、今ではニューヨークなどに100以上の店を出している。

オニバスは、アジア各地の湖沼に自生するスイレン科の一年草だ。春に紫色の花が開き、8月頃に実ができる。実に含まれるたくさんの種を取って天日で乾燥させ、鍋で煎ると、黒い外皮がはじけて白いポップコーンみたいになる。これがインドで「マハナ」と呼ばれる伝統的な菓子だ。地産の多彩な香辛料で味付けして食べるが、カレーに加えてもいい。

「ボハナ」の創設者バーティアもインドのニューデリー育ち。「学校から帰ると、いつもおやつに食べていた。クミンやウコン、カレーリーフみたいな伝統の香辛料を加えて、母が作ってくれた」と言う。

その味が恋しくて、彼女は友人を口説き落として「ボハナ」を創業した。「私たちはアメリカの市場に、塩だらけのスナックに代わる健康的なお菓子を紹介したかった」と、バーティアは言う。

ただしオニバスには英語名がないので、ウオーターリリー(スイレン)の名で売り出すことにした。「アメリカの消費者は、今までとは違う食材を求め始めていた。だから、絶好のタイミングだと思った」

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支

ビジネス

ECB、喫緊の緩和不要 インフレ年内低迷=デギンド

ビジネス

東証が全銘柄の取引を終日停止、社長「責任痛感」 2

ワールド

フィリピン中銀、政策金利据え置き 110億ドルの財

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月