最新記事

映画

『アリー/スター誕生』は「映画って最高」と思わせる傑作

A Dazzling Retelling

2018年12月27日(木)16時00分
デーナ・スティーブンズ

アリーとジャクソンの運命が交錯する (c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

<ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガのペアが往年の名作を別次元に引き上げた『アリー/スター誕生』を見よ>

才能あふれる新進女優がピークを過ぎた大スターに見いだされ、恋に落ち、成功をつかむ。正反対の軌道を描く2人のキャリアと、華やかな芸能界の裏側、セックス、依存症。メロドラマに必要な要素を全て備えた映画『スタア誕生』は、1937年の初製作以来、これまでに2度リメークされている。

それだけに、新たな焼き直しを製作するにはそれなりのリスクがある。それに最近は、特撮を駆使したスーパーヒーロー映画以外は、映画業界全体が低迷気味。ヒューマンドラマをヒットさせるのは至難の業だ。

ところが『アリー/スター誕生』は、驚くほど素晴らしい作品に仕上がっている。近年、実力派俳優としてキャリアを固めてきたブラッドリー・クーパーは、監督初挑戦ながら実に手堅い映画を作り上げた(クーパーは製作・脚本・主演も務めた)。

だが、何よりこの映画を輝かせているのは、新進シンガーソングライターのアリーを演じるレディー・ガガの圧倒的なパフォーマンスだ(本作の主人公は女優ではなくミュージシャンという設定になっている)。

ガガは、1954年の『スタア誕生』でジュディ・ガーランドが演じた、一見頼りなげだが歌いだすと強力なエネルギーを発する女優の卵とも、1976年『スター誕生』でバーブラ・ストライサンドが演じた神経質な新進歌手とも違う、懐が深くて、どこか控えめで、しかし爆発的才能を持つ主人公を見事に演じきっている。

無駄なシーンはほぼゼロ

ガーランド版は筆者がこれまでに見た映画のトップ10に入るお気に入りだ。だからクーパーとガガが『スタア誕生』をリメークすると聞いたときは、意外な組み合わせにワクワクしつつも、ガーランド版を超えるのは無理だろうと完全にタカをくくっていた。

ところがそんな予想は見事に吹き飛ばされた。しかも『アリー』は2時間15分という長尺がコンパクトに感じられるほど、最初から最後まで観客の心をつかんで離さない。胸の張り裂けるようなエンディングに向けて物語が進むなか、無駄なシーンやセリフはゼロに近い。

クーパー演じるジャクソンは、40代のカントリーロック歌手。全盛期は過ぎたが、今も大きなスタジアムを満員にできるくらいの人気はある。ただ、最近は耳鳴りの悪化に悩まされており、ステージに上がる直前まで酒をがぶ飲みするほどアルコール依存にも苦しんでいる。

ある晩、ライブの後に酒を買いに立ち寄ったバーで、ジャクソンは歌手を夢見るアリー(ガガ)がエディット・ピアフの「ラ・ヴィ・アン・ローズ」を歌うのを見る。その晩、ジャクソンとアリーは音楽や人生について語り合い、バーからスーパーマーケット、そして駐車場まで歩き、一緒に曲を書くことになる。ジャクソンはアリーの曲「シャロウ」を聴き、彼女のソングライティングの才能に感銘を受ける。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月