最新記事

日本の宇宙開発

日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型車両が公開された

2018年12月10日(月)19時30分
鳥嶋真也

運転席には人が乗車するするものの、基本的には地面に埋め込まれた磁石をセンサーがたどることで自動運転する。

車体のカラーリングは青と黒、白色の3色。青はJAXAのコーポレート・カラー、黒は宇宙空間、白は先進性や未来感を表しているという。

space1210c.jpg

タイヤの数は合計56本。写真の中央に見えるセンサーなどを使い、自動運転で走行する(筆者撮影)

華奢なロケットを優しく運搬、高い信頼性や整備性も実現

日本車輌は重量物を運搬する車輌や、無人で物を運ぶ車の開発で、数十年にわたる高い実績をもっており、この台車の開発にあたっては、そのノウハウが大いに活かされている。

とはいえ、ロケットというきわめて特殊な物を運ぶため、その開発は決して簡単なものではなかったという。

たとえば、発射台と射座との間を配管などでつなぐ必要があることから、停止位置の誤差はわずかプラスマイナス25mm(前後左右)に収まるようになっている。

また、ロケットの機体は徹底した軽量化により、きわめて華奢なつくりになっているため、水平精度は常に0.2度、つまりほとんど傾かずに、さらに加減速時の加速度は0.08G以下と、優しく安全に運べるようにも配慮されている。

くわえて、故障などが起これば、ロケットの打ち上げが遅れてしまい、打ち上げ時の条件などによっては打ち上げ中止になりかねない。一般的な運搬車輌であれば、故障しても代わりの車輌が用意できるが、このような車輌の場合は難しい。

そこでロケットを確実に、時間どおりに確実に運ぶため、高い信頼性、冗長性、メンテナンス性も兼ね備えている。たとえばディーゼル発電機や油圧ポンプ、制御システムなどの重要な部分には冗長性をもたせ、一部が故障しても、30分以内に復旧し、走行を継続できるようにした。さらに、各部のチェックを自動でできるようにしたり、部品の消耗度を管理するシステムを導入したりし、年間維持費を半減したという。

台車はこのあと、一度分解して種子島宇宙センターへ輸送。再度組み立て、2019年5月ごろに実際の射場を使った走行試験を実施。2020年度に予定されているH3ロケットの初打ち上げに備える。

自動走行のデモの様子。距離は150mと実際より短いが、S字コーナーや発進、停車の手順などは同じ(筆者撮影)

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NZ首相が豪訪問を延期、デルタ株感染拡大でシドニー

ビジネス

中国格付け、「A+/A-1」で据え置き 見通し安定

ビジネス

中国配車最大手の滴滴、米上場時の企業評価額600億

ビジネス

東芝総会、永山議長の再任否決 海外株主が反対票

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月