注目のキーワード

宇宙開発

ニューズウィーク日本版『宇宙開発』に関する記事一覧

火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される
火星

火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される

<「他の惑星で自立的に生活するためには、何人が必要か」という問いに仏ボルドー工科大学の研究者は、独自...

2020.07.06
海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析
宇宙

海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

<海王星や天王星では、超高熱・超高圧によって炭素が圧縮し「ダイヤモンドの雨」のように核に向かって奥深...

2020.06.30
約50年にわたる月探査の集大成:月の統合地質図が初めて作成される
月探査

約50年にわたる月探査の集大成:月の統合地質図が初めて作成される

<アメリカ地質調査所(USGS)は、NASAやアメリカ月惑星研究所(LPI)との恊働で作成した世界初...

2020.04.27
30日、アメリカ上空で二つの衛星が衝突するおそれ
宇宙ゴミ

30日、アメリカ上空で二つの衛星が衝突するおそれ

<NASAの古い衛星2基が、アメリカ上空で、30日、衝突する可能性があることがわかった......>...

2020.01.29
「月の砂」から酸素を抽出、実用化に向けてテストプラント開設
月探査

「月の砂」から酸素を抽出、実用化に向けてテストプラント開設

<欧州宇宙機関(ESA)は、月のレゴリス(堆積物)から酸素を効率的に抽出する新たな手法を開発した、と...

2020.01.24
中国・ロシアが開発する極超音速機──アメリカは衛星探知網を実現できるか?
極超音速ミサイル

中国・ロシアが開発する極超音速機──アメリカは衛星探知網を実現できるか?

<中国、ロシアで開発が進む極超音速機(HGV)に対して、アメリカでは、探知、追跡技術の開発が始まって...

2020.01.21
スペースデブリ除去、欧州宇宙機関が2025年に作業に着手
宇宙

スペースデブリ除去、欧州宇宙機関が2025年に作業に着手

<「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」の増加が深刻な課題となってきているが、欧州宇宙機関が宇宙ゴミを除去す...

2019.12.16
また......中国で「長征3号B」ロケットのブースターが民家に落下、被害もたらす
中国

また......中国で「長征3号B」ロケットのブースターが民家に落下、被害もたらす

<中国で再びロケットのブースターが居住地域に落下し、被害をもたらしている......> 近年、中国...

2019.11.28
宇宙飛行士が語る「宇宙日本食」体験──宇宙で食料を作る試み
宇宙開発

宇宙飛行士が語る「宇宙日本食」体験──宇宙で食料を作る試み

<各国の宇宙飛行士の好みや食べ慣れた味付けに合わせた、参加国独自の宇宙食の開発が進んでいる........

2019.11.22
「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告
北朝鮮情勢

「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

<いつもの滑稽なプロパガンダと笑い飛ばすわけにはいかない> 雪景色の聖地、白頭山で白馬にまたがる金...

2019.10.21

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice