最新記事

日本の宇宙開発

「こうのとり」7号機、小型回収カプセルの回収に成功、その意義とは...

2018年11月15日(木)17時00分
鳥嶋真也

「こうのとり」7号機に搭載されていた小型回収カプセル

6号機までは、「こうのとり」のミッションは大気圏に再突入し、燃え尽きたところで完了だったが、今回は大きく2つの新たなミッションが実施された。

ひとつは、「こうのとり」に搭載されていた「小型回収カプセル(HSRC、HTV Small Re-entry Capsule)」である。

カプセルは直径84cm、高さ66cmの円錐台形で、質量は約180kg。中にISSで生み出された実験成果、試料などを搭載し、地球に持ち帰ることができる。

また、さまざまな制約から、電力を使わず試料を保冷する必要があったことから、魔法瓶のような仕組みの容器を搭載し、その内側に試料を格納できるようになっている。この魔法瓶の開発は、JAXAや宇宙企業ではなく、タイガー魔法瓶が担当した

搭載可能な実験試料の質量は約20kgで、内部の容量は約30リットルある。ただし保冷が必要な試料を持ち帰る場合は、魔法瓶と保冷剤もいっしょに入れる必要があるため、回収できる試料は5リットル程度になるという。

space1115003.jpg

「こうのとり」7号機に搭載された小型回収カプセル (C) JAXA

そしてもうひとつは、日本の近海で再突入し、着水したことである。

従来「こうのとり」は、燃え残った破片などが人家などに落下することを防ぐため、太平洋のど真ん中で再突入、落下していた。しかし、今回はカプセルを回収する必要があることから、日本上空付近で再突入し、南鳥島近海に着水するように飛ぶコースを取った。さらに、内部の試料に衝撃を与えないよう、ふんわり優しく降りてくるような「揚力突入」という飛び方も採用している。

カプセルは「こうのとり」7号機が大気圏に再突入する10分ほど前に分離され、再突入で破壊される「こうのとり」7号機を尻目に、熱に耐え、着水。その後、船によって回収され、搭載していた試料は取り出され、11月13日にJAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)に到着。またカプセルも後日、同センターに送られる予定で、今後それぞれ分析が行われる。

ISSからのカプセル回収も、日本近海への着水も、そして揚力突入も、日本の宇宙開発史上初の挑戦だったが、無事に成功し、その技術がたしかなものであることが実証された。

space1115004.jpg

宇宙から帰還した「こうのとり」7号機の小型回収カプセル (C) JAXA

関連ワード

ニュース速報

ワールド

NATO首脳会議、中国を安保リスクと初めて位置付け

ビジネス

焦点:東芝報告書が広げる波紋、対日投資に響く恐れ 

ビジネス

英BP、ノルウェー沖の風力発電コンソーシアムに参加

ワールド

東京都で新たに209人が新型コロナ感染、重症者46

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月