最新記事

麻薬対策

フィリピン現職市長暗殺 強硬な麻薬対策の一方で自身にも疑惑が

2018年7月3日(火)12時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

朝の市庁舎でハリリ市長が暗殺された ABS-CBN News / YouTube

<麻薬対策で「超法規的殺人」という容赦ない取り締まりが行われるフィリピンで、現職市長が暗殺された。果たして市長は犠牲者なのか、それとも......>

フィリピン・ルソン島南部カルバラソン地方にあるバタンガス州タナウアン市で、7月2日朝、市庁舎前で行われていた国旗掲揚式に参列していたアントニオ・ハリリ市長が何者かに銃撃され、死亡する事件が発生した。

地元警察では約160メートル離れた藪からライフル銃で市長を狙った腕利きのスナイパー(狙撃手)による暗殺事件とみて特別捜査チームを編成して捜査を始めた。

ハリリ市長はドゥテルテ大統領が強力に進める麻薬対策に批判的ながらも協力し、麻薬犯罪容疑者を市中行進させるなどしてきたが、一方で市長自身の麻薬犯罪への関与も取りざたされ、脅迫を受けていたといわれる。暗殺の背景が政治的なものなのか、麻薬関連なのか国家警察も注目している。

7月2日午前8時10分ごろ、市庁舎前の広場に整列した市職員の先頭の列中央にサングラスをかけジーンズ、ブルーのジャケットを着て首からIDをぶら下げたハリリ市長が左右の市幹部と談笑していた。そのうち国歌斉唱が始まり、全員が直立不動で右手を左胸に当てる姿勢をとって斉唱しているその時、乾いた銃声が1発響き渡り、ハリリ市長は右側にいた女性のヨアナ・ビラモール副知事に寄りかかるように倒れた。

一瞬の出来事に参列者は何が起きたのかわからない様子だったが、一斉に職員が逃げ出し、警護官らしき男が銃を手に動き回る中、警護官らによるとみられる複数発の銃声が動画に残っている。その後、数人が横たわるハリリ市長に駆け寄り、駆けつけた車に抱えて病院に運んだ。

ヨアナ副市長は事件後地元ラジオ局に対して「ショックであり、悲しい出来事だ」と語っている。

一連の出来事は市長らの左前方でカメラを回していた市の記録員、さらに参列者の後方でスマートホンによる動画を撮影していた人の映像に記録され、その様子は動画投稿サイトにアップされている。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 5

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 3

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月