最新記事

麻薬対策

フィリピン現職市長暗殺 強硬な麻薬対策の一方で自身にも疑惑が

2018年7月3日(火)12時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

朝の市庁舎でハリリ市長が暗殺された ABS-CBN News / YouTube

<麻薬対策で「超法規的殺人」という容赦ない取り締まりが行われるフィリピンで、現職市長が暗殺された。果たして市長は犠牲者なのか、それとも......>

フィリピン・ルソン島南部カルバラソン地方にあるバタンガス州タナウアン市で、7月2日朝、市庁舎前で行われていた国旗掲揚式に参列していたアントニオ・ハリリ市長が何者かに銃撃され、死亡する事件が発生した。

地元警察では約160メートル離れた藪からライフル銃で市長を狙った腕利きのスナイパー(狙撃手)による暗殺事件とみて特別捜査チームを編成して捜査を始めた。

ハリリ市長はドゥテルテ大統領が強力に進める麻薬対策に批判的ながらも協力し、麻薬犯罪容疑者を市中行進させるなどしてきたが、一方で市長自身の麻薬犯罪への関与も取りざたされ、脅迫を受けていたといわれる。暗殺の背景が政治的なものなのか、麻薬関連なのか国家警察も注目している。

7月2日午前8時10分ごろ、市庁舎前の広場に整列した市職員の先頭の列中央にサングラスをかけジーンズ、ブルーのジャケットを着て首からIDをぶら下げたハリリ市長が左右の市幹部と談笑していた。そのうち国歌斉唱が始まり、全員が直立不動で右手を左胸に当てる姿勢をとって斉唱しているその時、乾いた銃声が1発響き渡り、ハリリ市長は右側にいた女性のヨアナ・ビラモール副知事に寄りかかるように倒れた。

一瞬の出来事に参列者は何が起きたのかわからない様子だったが、一斉に職員が逃げ出し、警護官らしき男が銃を手に動き回る中、警護官らによるとみられる複数発の銃声が動画に残っている。その後、数人が横たわるハリリ市長に駆け寄り、駆けつけた車に抱えて病院に運んだ。

ヨアナ副市長は事件後地元ラジオ局に対して「ショックであり、悲しい出来事だ」と語っている。

一連の出来事は市長らの左前方でカメラを回していた市の記録員、さらに参列者の後方でスマートホンによる動画を撮影していた人の映像に記録され、その様子は動画投稿サイトにアップされている。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月