最新記事

麻薬対策

フィリピン現職市長暗殺 強硬な麻薬対策の一方で自身にも疑惑が

2018年7月3日(火)12時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

朝の市庁舎でハリリ市長が暗殺された ABS-CBN News / YouTube

<麻薬対策で「超法規的殺人」という容赦ない取り締まりが行われるフィリピンで、現職市長が暗殺された。果たして市長は犠牲者なのか、それとも......>

フィリピン・ルソン島南部カルバラソン地方にあるバタンガス州タナウアン市で、7月2日朝、市庁舎前で行われていた国旗掲揚式に参列していたアントニオ・ハリリ市長が何者かに銃撃され、死亡する事件が発生した。

地元警察では約160メートル離れた藪からライフル銃で市長を狙った腕利きのスナイパー(狙撃手)による暗殺事件とみて特別捜査チームを編成して捜査を始めた。

ハリリ市長はドゥテルテ大統領が強力に進める麻薬対策に批判的ながらも協力し、麻薬犯罪容疑者を市中行進させるなどしてきたが、一方で市長自身の麻薬犯罪への関与も取りざたされ、脅迫を受けていたといわれる。暗殺の背景が政治的なものなのか、麻薬関連なのか国家警察も注目している。

7月2日午前8時10分ごろ、市庁舎前の広場に整列した市職員の先頭の列中央にサングラスをかけジーンズ、ブルーのジャケットを着て首からIDをぶら下げたハリリ市長が左右の市幹部と談笑していた。そのうち国歌斉唱が始まり、全員が直立不動で右手を左胸に当てる姿勢をとって斉唱しているその時、乾いた銃声が1発響き渡り、ハリリ市長は右側にいた女性のヨアナ・ビラモール副知事に寄りかかるように倒れた。

一瞬の出来事に参列者は何が起きたのかわからない様子だったが、一斉に職員が逃げ出し、警護官らしき男が銃を手に動き回る中、警護官らによるとみられる複数発の銃声が動画に残っている。その後、数人が横たわるハリリ市長に駆け寄り、駆けつけた車に抱えて病院に運んだ。

ヨアナ副市長は事件後地元ラジオ局に対して「ショックであり、悲しい出来事だ」と語っている。

一連の出来事は市長らの左前方でカメラを回していた市の記録員、さらに参列者の後方でスマートホンによる動画を撮影していた人の映像に記録され、その様子は動画投稿サイトにアップされている。

ニュース速報

ビジネス

全容解明と再発防止の徹底が経営責任=スズキ社長

ビジネス

独ダイムラー、次期CEOに初の外国人 ツェッチェ氏

ビジネス

アングル:日本郵政の企業統治に踏み込む金融庁、限度

ビジネス

ユーロ圏の成長リスク、過度に懸念せず=プラートEC

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 9

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月