最新記事

基礎知識

牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く

2018年7月6日(金)10時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Chalffy-iStock.

<どんな神様を信仰しているのか、ラビとはどんな人物か、食べてはいけないものはあるのか......。ユダヤ教のこと、どれだけ知っていますか>

6月下旬、ベルギーの女性モデルが全裸で日光浴をしている写真がSNSに投稿され、イスラエルで大問題になった。撮影場所が、エルサレムにあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を見下ろす建物の屋上かテラスと推測されるからだ。

「解放への道」と題されたこのヌード写真に「嘆きの壁」ははっきりと写っている。一方、すぐ近くにあるイスラム教のモスク(礼拝所)は写っていない。写真家は意図的にモスクを外したわけではないと主張しているが、もし写っていたら、イスラム教徒たちも激しく抗議しただろう。

ここで、「エルサレムにモスク?」と思った人もいるかもしれない。確かにエルサレムはイスラエルが全域を実効支配しているが、実はユダヤ教だけでなく、イスラム教とキリスト教の聖地もある古都だ。

こんなニュースを聞いたときにも、宗教の知識があれば飲み込みやすい。実際、世界で何が起こっているかを理解するために、馴染みのない宗教についても知っておいたほうがいい。

宗教とはいったい何だろうか。信仰する人々の心に平和や救いをもたらす一方で、大きな対立をも生んでしまう。宗教はなぜ生まれ、現代においてどんな役割を担っているのか。

とりわけユダヤ教は、信者数は世界で約1400万人と、キリスト教(約21億6000万人)、イスラム教(約16億人)、ヒンドゥー教(約10億人)、仏教(約3億6000万人)より圧倒的に少ないのに存在感が大きく、日本人にとって"ナゾの宗教"かもしれない。

そうした疑問の解消に役立つのが、『Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)だ。

ユダヤ教のみならず、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、そして神道と、6つの宗教の基礎知識を網羅し、信徒たちの暮らしや宗教芸術にもスポットを当てた本書。その「15の疑問で理解する、6宗教の基礎知識。」のパートから、ユダヤ教に関する箇所を抜粋する。

penbreligion-cover180.jpg
Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。
 ペン編集部 編
 CCCメディアハウス

【参考記事】ムスリムに恋をしたら結婚できる? 今さら聞けないイスラム教15の疑問

◇ ◇ ◇

Q 01. どんな神様を信仰していますか?

唯一絶対の主なる神(アドナイ、ハシェム)を信仰する。ユダヤ教では神は唯一絶対であり、宇宙を超越した存在である。ユダヤ人は神に絶対の信頼を寄せ、「天にいます我らの父(アビィヌ・シェ・バシャマイム)」と呼ぶ。神と人間には介在者はおらず、人間は聖典の学習および戒律の実践を通して直接神との関係をもつとされる。また、神の名をみだりに唱えることは禁じられており、敬虔なユダヤ教徒は神に対してヘブライ語の神聖4文字で「主」を意味する「アドナイ」、あるいは「ハシェム」と呼びならわす。

Q 02. いつ、誰が始めたのですか?

ユダヤ教の発祥時期・創始者には諸説あるが、重要人物はアブラハムとモーセである。聖書の「創世記」12章によれば、唯一なる神はアブラハムを選び出し、彼と彼の子孫にカナンの地(現在のイスラエル)を与え、子孫の繁栄の約束をしたとされる。そして時を経て紀元前13世紀頃、モーセは奴隷の苦役にあえいでいたイスラエルの民のエジプト脱出を導き、シナイ山で神より啓示の法であるトーラーを授かる。彼らの存在なくして、ユダヤ教信仰の始まりは語れないだろう。

ニュース速報

ビジネス

米モンデリーズ、リッツ製品を自主回収 サルモネラ菌

ワールド

英のEU離脱、各家計に年間最大で14万円のマイナス

ビジネス

6月ショッピングセンター売上高は前年比2.3%増=

ビジネス

日経平均は3日続落、円高や日銀政策調整の思惑が重し

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 2

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 5

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 6

    日本は韓国のわずか3分の1 快進撃続ける韓国の映画…

  • 7

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 8

    出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の…

  • 9

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 10

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 10

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 8

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月