最新記事

基礎知識

牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く

2018年7月6日(金)10時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Chalffy-iStock.

<どんな神様を信仰しているのか、ラビとはどんな人物か、食べてはいけないものはあるのか......。ユダヤ教のこと、どれだけ知っていますか>

6月下旬、ベルギーの女性モデルが全裸で日光浴をしている写真がSNSに投稿され、イスラエルで大問題になった。撮影場所が、エルサレムにあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を見下ろす建物の屋上かテラスと推測されるからだ。

「解放への道」と題されたこのヌード写真に「嘆きの壁」ははっきりと写っている。一方、すぐ近くにあるイスラム教のモスク(礼拝所)は写っていない。写真家は意図的にモスクを外したわけではないと主張しているが、もし写っていたら、イスラム教徒たちも激しく抗議しただろう。

ここで、「エルサレムにモスク?」と思った人もいるかもしれない。確かにエルサレムはイスラエルが全域を実効支配しているが、実はユダヤ教だけでなく、イスラム教とキリスト教の聖地もある古都だ。

こんなニュースを聞いたときにも、宗教の知識があれば飲み込みやすい。実際、世界で何が起こっているかを理解するために、馴染みのない宗教についても知っておいたほうがいい。

宗教とはいったい何だろうか。信仰する人々の心に平和や救いをもたらす一方で、大きな対立をも生んでしまう。宗教はなぜ生まれ、現代においてどんな役割を担っているのか。

とりわけユダヤ教は、信者数は世界で約1400万人と、キリスト教(約21億6000万人)、イスラム教(約16億人)、ヒンドゥー教(約10億人)、仏教(約3億6000万人)より圧倒的に少ないのに存在感が大きく、日本人にとって"ナゾの宗教"かもしれない。

そうした疑問の解消に役立つのが、『Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)だ。

ユダヤ教のみならず、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、そして神道と、6つの宗教の基礎知識を網羅し、信徒たちの暮らしや宗教芸術にもスポットを当てた本書。その「15の疑問で理解する、6宗教の基礎知識。」のパートから、ユダヤ教に関する箇所を抜粋する。

penbreligion-cover180.jpg
Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。
 ペン編集部 編
 CCCメディアハウス

【参考記事】ムスリムに恋をしたら結婚できる? 今さら聞けないイスラム教15の疑問

◇ ◇ ◇

Q 01. どんな神様を信仰していますか?

唯一絶対の主なる神(アドナイ、ハシェム)を信仰する。ユダヤ教では神は唯一絶対であり、宇宙を超越した存在である。ユダヤ人は神に絶対の信頼を寄せ、「天にいます我らの父(アビィヌ・シェ・バシャマイム)」と呼ぶ。神と人間には介在者はおらず、人間は聖典の学習および戒律の実践を通して直接神との関係をもつとされる。また、神の名をみだりに唱えることは禁じられており、敬虔なユダヤ教徒は神に対してヘブライ語の神聖4文字で「主」を意味する「アドナイ」、あるいは「ハシェム」と呼びならわす。

Q 02. いつ、誰が始めたのですか?

ユダヤ教の発祥時期・創始者には諸説あるが、重要人物はアブラハムとモーセである。聖書の「創世記」12章によれば、唯一なる神はアブラハムを選び出し、彼と彼の子孫にカナンの地(現在のイスラエル)を与え、子孫の繁栄の約束をしたとされる。そして時を経て紀元前13世紀頃、モーセは奴隷の苦役にあえいでいたイスラエルの民のエジプト脱出を導き、シナイ山で神より啓示の法であるトーラーを授かる。彼らの存在なくして、ユダヤ教信仰の始まりは語れないだろう。

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせない」

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 8

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 8

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 9

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月