最新記事

基礎知識

ムスリムに恋をしたら結婚できる? 今さら聞けないイスラム教15の疑問

2018年7月5日(木)21時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

mustafagull-iStock.

<どんな神様を信仰しているのか、いつどこでどうやって祈るのか、ファッションや髪型に決まりはあるのか......。イスラム教のこと、どれだけ知っていますか>

今年6月まで、サウジアラビアは世界で唯一、女性の運転が禁じられた国だった。そんな国がこの21世紀にあるのかと、ニュースを見て驚いた人も多いだろう。

サウジアラビアはイスラム教国だが、なかでも戒律の厳しい宗派が主流の国。女性は長らく、さまざまな制約を受け、差別的な扱いを受けてきた。だがそれも今、ようやく変わり始めている。

政治や国際情勢だけでなく、人々の生活や考え方にまで大きな影響を及ぼすのが宗教だ。そしてそれは、日本から遠い異国の話ばかりではない。

イスラム教にしても、正確な統計は存在しないものの、日本にも既に外国人ムスリム(イスラム教徒)が25万人以上、日本人ムスリムが15万人以上いるとも言われる(一般社団法人「IIHOジャパン」)。それに加え、ムスリムの訪日観光客も急増中だ。

彼らはどんな信仰を持つ人たちで、どのように付き合えばいいのか。イスラム教についてよく分かっていないという人は少なくないだろう。そうした疑問の解消に役立つのが、『Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)だ。

イスラム教のみならず、ユダヤ教、キリスト教、ヒンドゥー教、仏教、神道と、6つの宗教の基礎知識を網羅し、信徒たちの暮らしや宗教芸術にもスポットを当てた本書。その「15の疑問で理解する、6宗教の基礎知識。」のパートから、イスラム教に関する箇所を抜粋する。

penbreligion-cover180.jpg
Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。
 ペン編集部 編
 CCCメディアハウス

【参考記事】牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く

◇ ◇ ◇

Q 01. どんな神様を信仰していますか?

アッラーという唯一神。「アッラー」とは唯一絶対神を意味する固有名詞と捉えられ、したがって「アッラーの神」のように、ほかの神の存在を想起させる言い方は不正確である。

アッラーは時間的な始まりも終わりもない永遠の存在で、ほかに並び立つ者がおらず、この世界を創造し、現世の事物・事象の一切の活動や様態を司る神である。

また、アッラーを含めた99の美称をもち、それらはアッラーの本質の一側面を示すものと考えられている。たとえば、「ハーリク」という呼称は、世界の創造主としての一面を、「アーリム」という呼称はあらゆることに精通している一面を示している。

Q 02. いつ、誰が始めたのですか?

ムハンマドへの啓示が始まり。610 年、メッカのクライシュ族に属するハーシム家の一員として商業に携わっていたムハンマドがアッラーの啓示を受けたことで始まった。

当初ムハンマドは神の啓示を受けたとは考えず、恐怖に慄くばかりであったという。しかし繰り返し下される啓示や妻ハディージャの励ましなどにより、アッラーの啓示を受け取り、それを人々に伝える預言者であると自覚する。以後、メッカの伝統的な偶像崇拝をやめ、唯一神アッラーを信仰し終末の到来を認識し、アッラーの言葉に従って生きるよう家族や親しい者たちに説き、その布教の範囲を広めていった。

Q 03. 聖典は何ですか?

コーラン(クルアーン)である。コーランはアッラーからムハンマドに対し、22年間にわたって断続的に与えられた啓示(アッラーの言葉)を集成した書物だ。アラビア語の音ではクルアーンという表記が近い。「誦(よ)まれるもの」を意味し、声に出して「誦む」ことが正しいとされ、内容だけでなく、音声的な意義を有する聖典である。

114 章構成で、アッラーがムハンマドや信徒に語りかける形で書かれており、内容は神の唯一性の強調、終末の到来の予告、来世の様子に始まり、礼拝や喜捨の必要性、結婚や遺産相続、商取引の際の契約方法など、イスラム教徒の信仰と生活全般にわたる。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月