最新記事

基礎知識

ムスリムに恋をしたら結婚できる? 今さら聞けないイスラム教15の疑問

2018年7月5日(木)21時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

mustafagull-iStock.

<どんな神様を信仰しているのか、いつどこでどうやって祈るのか、ファッションや髪型に決まりはあるのか......。イスラム教のこと、どれだけ知っていますか>

今年6月まで、サウジアラビアは世界で唯一、女性の運転が禁じられた国だった。そんな国がこの21世紀にあるのかと、ニュースを見て驚いた人も多いだろう。

サウジアラビアはイスラム教国だが、なかでも戒律の厳しい宗派が主流の国。女性は長らく、さまざまな制約を受け、差別的な扱いを受けてきた。だがそれも今、ようやく変わり始めている。

政治や国際情勢だけでなく、人々の生活や考え方にまで大きな影響を及ぼすのが宗教だ。そしてそれは、日本から遠い異国の話ばかりではない。

イスラム教にしても、正確な統計は存在しないものの、日本にも既に外国人ムスリム(イスラム教徒)が25万人以上、日本人ムスリムが15万人以上いるとも言われる(一般社団法人「IIHOジャパン」)。それに加え、ムスリムの訪日観光客も急増中だ。

彼らはどんな信仰を持つ人たちで、どのように付き合えばいいのか。イスラム教についてよく分かっていないという人は少なくないだろう。そうした疑問の解消に役立つのが、『Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)だ。

イスラム教のみならず、ユダヤ教、キリスト教、ヒンドゥー教、仏教、神道と、6つの宗教の基礎知識を網羅し、信徒たちの暮らしや宗教芸術にもスポットを当てた本書。その「15の疑問で理解する、6宗教の基礎知識。」のパートから、イスラム教に関する箇所を抜粋する。

penbreligion-cover180.jpg
Pen BOOKS 知っておきたい、世界の宗教。
 ペン編集部 編
 CCCメディアハウス

【参考記事】牛肉はOKだがチーズバーガーはNG ユダヤ教を15の疑問で読み解く

◇ ◇ ◇

Q 01. どんな神様を信仰していますか?

アッラーという唯一神。「アッラー」とは唯一絶対神を意味する固有名詞と捉えられ、したがって「アッラーの神」のように、ほかの神の存在を想起させる言い方は不正確である。

アッラーは時間的な始まりも終わりもない永遠の存在で、ほかに並び立つ者がおらず、この世界を創造し、現世の事物・事象の一切の活動や様態を司る神である。

また、アッラーを含めた99の美称をもち、それらはアッラーの本質の一側面を示すものと考えられている。たとえば、「ハーリク」という呼称は、世界の創造主としての一面を、「アーリム」という呼称はあらゆることに精通している一面を示している。

Q 02. いつ、誰が始めたのですか?

ムハンマドへの啓示が始まり。610 年、メッカのクライシュ族に属するハーシム家の一員として商業に携わっていたムハンマドがアッラーの啓示を受けたことで始まった。

当初ムハンマドは神の啓示を受けたとは考えず、恐怖に慄くばかりであったという。しかし繰り返し下される啓示や妻ハディージャの励ましなどにより、アッラーの啓示を受け取り、それを人々に伝える預言者であると自覚する。以後、メッカの伝統的な偶像崇拝をやめ、唯一神アッラーを信仰し終末の到来を認識し、アッラーの言葉に従って生きるよう家族や親しい者たちに説き、その布教の範囲を広めていった。

Q 03. 聖典は何ですか?

コーラン(クルアーン)である。コーランはアッラーからムハンマドに対し、22年間にわたって断続的に与えられた啓示(アッラーの言葉)を集成した書物だ。アラビア語の音ではクルアーンという表記が近い。「誦(よ)まれるもの」を意味し、声に出して「誦む」ことが正しいとされ、内容だけでなく、音声的な意義を有する聖典である。

114 章構成で、アッラーがムハンマドや信徒に語りかける形で書かれており、内容は神の唯一性の強調、終末の到来の予告、来世の様子に始まり、礼拝や喜捨の必要性、結婚や遺産相続、商取引の際の契約方法など、イスラム教徒の信仰と生活全般にわたる。

ニュース速報

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

ワールド

米の車関税含む貿易制限措置、回避へ「粘り強く対処」

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 8

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 9

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 10

    もはやトランプは米安全保障上の脅威──米ロ密室会談…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月