最新記事

大麻

カナダの娯楽大麻合法化でチョコレート工場が大麻工場に

2018年6月18日(月)18時40分
松丸さとみ

かつてチョコレート工場だった建物を大麻工場に改装 Chris Wattie-REUTERS

トルドー首相の公約、秋には施行か

カナダの上院議会でこのほど、娯楽目的での大麻(マリファナ)の使用を合法化する法案が可決された。トルドー首相が公約として挙げていたもので、目標だった今年7月の解禁には間に合わないが、秋には大麻が合法となる見込みだ。

法案は上院の修正案とともに下院に戻され、合法化に向けて今後さらなる調整が行われる。カナダの大手新聞バンクーバー・サンは、法律として施行されるまでには8〜12週間かかるとしている。

全国レベルでの嗜好用大麻の合法化は、ウルグアイに続いてカナダが2カ国目となる。G7(先進7カ国)では初めてとなるため、世界の視線がカナダに注がれている。

なかでも特に注目を集めているのが、カナダ最大の大麻製造業者キャノピー・グロースだ。カナダのオンタリオ州オタワ近くにあるスミス・フォールズで、かつてチョコレート工場だった建物を大麻工場に改装して事業を行なっている。

英紙ガーディアンによると、カナダの嗜好用大麻解禁に先立ち、この工場には世界中から見学希望者が殺到している。ジャマイカ、ドイツ、デンマーク、オランダ、ギリシャ、オーストラリアからは政治家や警察関係者。ニュージーランド、ブラジル、チリからは医者など。さらには投資家も工場見学にやってくる。そのため、キャノピー側はすべてのドアに窓を作り、壁にも窓を新たに作って見学しやすいようにして対応しているという。

マリファナで活気づくカナダの小さな町

キャノピー・グロースは2014年にツイード・マリファナという社名で医療用大麻の製造を開始し、2016年にトロント証券取引所に上場した。今年5月24日には、米ニューヨーク証券取引所でも大麻製造業者として初めて上場を果たしている。英紙ガーディアンによると、今回のカナダでの嗜好用大麻の合法化の動きを受け、大麻関連株で利益を上げた投資家は多かったという。しかし今後は、バブルが崩壊するのか、それとも価格は上がり続けるのか、まったく分からないとしている。

ブルームバーグは2017年12月、キャノピー・グロースが大麻の製造を開始して以来、オンタリオ州の小さな町スミス・フォールズはチョコレート工場閉鎖以来の活気を取り戻していると伝えていた。同社はスミス・フォールズの民間セクターとしては最大となる360人を雇用しており、工場周辺の経済を活性化しているという。

CNNマネーは、大麻の娯楽使用がカナダで合法化された場合、市場規模は最大で70億ドル(約7750億円)と伝えている。また、ビールや蒸留酒、ワイン、たばこなどからマリファナに切り替える人がいるだろうと予測されており、アルコール類の売り上げは減少するとみられている。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月