最新記事

動物

犬のうんちを街灯の燃料に 10うんちで2時間点灯

2018年1月10日(水)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Logorilla-iStock.

<イギリスの観光地に立つ街灯が、ペットのフン問題を解決!?>

イギリス・ウスターシャー州に位置する景勝地マルバ―ンヒルズに、画期的な明かりがともされた。燃料は、犬のフン。マルバ―ンヒルズに通じるメインストリート沿いに住む発明家のブライアン・ハーパー(66)は、放置されるペットのフンに悩まされてきたと言う。

観光地として知られるマルバ―ンヒルズだが、朝の早い時間には犬の散歩やジョギングを楽しむ地元の人で賑わう。しかし、無責任な飼い主の「置き土産」のせいで、マルバ―ンヒルズの美しさも半減してしまった。ハーパーはフンを置いたままにする飼い主を「理解不能だと思った」と振り返る。

iStock-hil180110.jpg

ハイキング客に人気のマルバ―ンヒルズ ChrisAt-iStock.

そんなとき、同様に犬のフン問題を抱えていたアメリカ・ボストンの取り組みを知った。ボストンでは、専用の装置に犬のフンを集め微生物によって分解して街灯の燃料として使っており、「犬のフンに価値を見い出す方法じゃなければダメだ」というハーパーの考えに合っていた。犬の散歩をする人が通りすぎるのを眺めながら、解決策を思索していたハーパーは早速行動に移した。

10うんちで2時間照らす

ハーパーは早速、自宅の前に同じ仕組みの街灯を設置した。専用の回収ボックスにフンを入れると、2日以上の時間をかけてメタンガス60%、二酸化炭素40%のバイオガスに変換され、街灯の燃料として使われる。

肝心の燃費は、フン10回分で2時間。燃費が良いか悪いかは判断しづらいが、景観を損ねる原因となっていた厄介者を処理するだけでなく、街灯の燃料として再利用し、人々の生活の役に立っていることは確かだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 8

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月