最新記事

動物

犬のうんちを街灯の燃料に 10うんちで2時間点灯

2018年1月10日(水)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Logorilla-iStock.

<イギリスの観光地に立つ街灯が、ペットのフン問題を解決!?>

イギリス・ウスターシャー州に位置する景勝地マルバ―ンヒルズに、画期的な明かりがともされた。燃料は、犬のフン。マルバ―ンヒルズに通じるメインストリート沿いに住む発明家のブライアン・ハーパー(66)は、放置されるペットのフンに悩まされてきたと言う。

観光地として知られるマルバ―ンヒルズだが、朝の早い時間には犬の散歩やジョギングを楽しむ地元の人で賑わう。しかし、無責任な飼い主の「置き土産」のせいで、マルバ―ンヒルズの美しさも半減してしまった。ハーパーはフンを置いたままにする飼い主を「理解不能だと思った」と振り返る。

iStock-hil180110.jpg

ハイキング客に人気のマルバ―ンヒルズ ChrisAt-iStock.

そんなとき、同様に犬のフン問題を抱えていたアメリカ・ボストンの取り組みを知った。ボストンでは、専用の装置に犬のフンを集め微生物によって分解して街灯の燃料として使っており、「犬のフンに価値を見い出す方法じゃなければダメだ」というハーパーの考えに合っていた。犬の散歩をする人が通りすぎるのを眺めながら、解決策を思索していたハーパーは早速行動に移した。

10うんちで2時間照らす

ハーパーは早速、自宅の前に同じ仕組みの街灯を設置した。専用の回収ボックスにフンを入れると、2日以上の時間をかけてメタンガス60%、二酸化炭素40%のバイオガスに変換され、街灯の燃料として使われる。

肝心の燃費は、フン10回分で2時間。燃費が良いか悪いかは判断しづらいが、景観を損ねる原因となっていた厄介者を処理するだけでなく、街灯の燃料として再利用し、人々の生活の役に立っていることは確かだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

ワールド

焦点:ロシアが「違法」民兵に医療支援、軍事作戦への

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月