最新記事

動物

犬のうんちを街灯の燃料に 10うんちで2時間点灯

2018年1月10日(水)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Logorilla-iStock.

<イギリスの観光地に立つ街灯が、ペットのフン問題を解決!?>

イギリス・ウスターシャー州に位置する景勝地マルバ―ンヒルズに、画期的な明かりがともされた。燃料は、犬のフン。マルバ―ンヒルズに通じるメインストリート沿いに住む発明家のブライアン・ハーパー(66)は、放置されるペットのフンに悩まされてきたと言う。

観光地として知られるマルバ―ンヒルズだが、朝の早い時間には犬の散歩やジョギングを楽しむ地元の人で賑わう。しかし、無責任な飼い主の「置き土産」のせいで、マルバ―ンヒルズの美しさも半減してしまった。ハーパーはフンを置いたままにする飼い主を「理解不能だと思った」と振り返る。

iStock-hil180110.jpg

ハイキング客に人気のマルバ―ンヒルズ ChrisAt-iStock.

そんなとき、同様に犬のフン問題を抱えていたアメリカ・ボストンの取り組みを知った。ボストンでは、専用の装置に犬のフンを集め微生物によって分解して街灯の燃料として使っており、「犬のフンに価値を見い出す方法じゃなければダメだ」というハーパーの考えに合っていた。犬の散歩をする人が通りすぎるのを眺めながら、解決策を思索していたハーパーは早速行動に移した。

10うんちで2時間照らす

ハーパーは早速、自宅の前に同じ仕組みの街灯を設置した。専用の回収ボックスにフンを入れると、2日以上の時間をかけてメタンガス60%、二酸化炭素40%のバイオガスに変換され、街灯の燃料として使われる。

肝心の燃費は、フン10回分で2時間。燃費が良いか悪いかは判断しづらいが、景観を損ねる原因となっていた厄介者を処理するだけでなく、街灯の燃料として再利用し、人々の生活の役に立っていることは確かだ。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月