最新記事

北朝鮮拉致問題

ジェンキンス死去、波乱の人生の平穏な最終章

2017年12月21日(木)12時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

愛車に乗り込むジェンキンス。好きだったバイクは70歳を機に乗るのをやめた(12年) Toshihiro Yamada

<国際情勢の渦にのみ込まれて数奇な運命をたどったジェンキンスが、妻の故郷・佐渡で最後に送った静かな日々>

2017年12月11日、元米陸軍兵のチャールズ・ロバート・ジェンキンスが新潟県佐渡市で77歳で死去した。

ジェンキンスは自宅玄関の前で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺体は検視でMRI検査にもかけられたが、結局死因はよく分からず、死亡診断書には「致死性不整脈」と記された。

ジェンキンスが、北朝鮮による拉致被害者である妻・曽我ひとみの故郷、佐渡市に初めて降り立ったのは04年のこと。40年にわたる北朝鮮での生活を経て、突然日本に移住することになったジェンキンスは、本心ではアメリカに帰国して暮らしたかったという。だが妻のために日本で骨を埋めることを決めた。

初めて佐渡島に入った日、ジェンキンスはこれからの日本での生活を前に、こんな決意の言葉を残している。「今日は私の人生の最終章の始まりとなる日です」

日本で13年間、「人生の最終章」を過ごしたジェンキンス。波乱に満ちた彼の人生を振り返ると、見えてくるのは運命に翻弄され国際的な注目を浴びる特異な存在に祭り上げられながらも、普通の生活に幸せと悲しみを感じ、弱さがありながらも環境の変化に適応して生きた、どこにでもいる人間くさい男の姿だった。

ジェンキンスの人生は数奇なものだった。1965年、在韓米軍に配属されていたジェンキンスは、戦闘が激化していたベトナムに送られるのを恐れ、10缶のビールを飲んだ勢いで北朝鮮に逃亡した。たどり着いた独裁政権の北朝鮮では、政府から命じられるまま教師などをして暮らした。80年には政府の思惑どおりに曽我と結婚した。

全く自由のない暮らしの中でも結婚後は長女の美花、次女のブリンダを儲け、家庭生活にささやかな幸せを見いだした。

だがそんな日々が突然、一変したのは02年だった。日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致被害者の存在を認めると、妻の曽我は日本に帰り、家族は引き裂かれてしまう。当時、ジェンキンスは北朝鮮で「もう妻に会えない」と酒を飲んでわめくこともあったと、長女の美花は今も記憶している。

そして2年後、曽我一家はインドネシアのジャカルタで再会する。ジェンキンスは落ち着きを取り戻して妻と共に日本行きを決心した。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 7

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月