最新記事

ピープル

お騒がせカーダシアン一家、長男ロブのあきれたリベンジポルノ騒動

2017年7月18日(火)13時50分
ニューズウィーク日本版編集部

カーダシアン一家の長男ロブと、破局した元婚約者ブラック・チャイナ Entertainment Tonight/YOUTUBE

<カーダシアン家の長男ロブが、キム・カーダシアンやケイトリン・ジェンナーを差し置いてゴシップ誌の主役に躍り出たのは、あきれたリベンジポルノ事件のせい>

女性になった父親あり、パリで縛り上げられ巨額の強盗被害に遭う娘あり、数え切れない熱愛と破局あり......。絶え間なくゴシップ誌をにぎわせ続けているリアリティー番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でおなじみのカーダシアン一家に、また新たな騒動が持ち上がった。しかも今回は、単なるお騒がせでは済まなそうだ。

7月初め、長男であるロブ・カーダシアンが、破局した元婚約者ブラック・チャイナのキス動画やヌード写真をインスタグラムに投稿。別れた腹いせに元恋人の下半身もあらわな写真を流出させた行為は、リベンジポルノだと激しい批判が集まっている。

カニエ・ウエストの妻であるキム・カーダシアンや、ブルース改め女性になったケイトリン・ジェンナー、人気モデルのケンダル・ジェンナーらに比べて、カーダシアン家の中ではイマイチ華やかさに欠けたロブが、一体どうして全米を騒がす事件の主役に躍り出たのか? そのあきれた全貌を見てみると......。

――ロブ・カーダシアンって誰?


カーダシアン家の母クリス・ジェンナーと故ロバート・カーダシアンの間に生まれた息子で、コートニー、キム、クロエ・カーダシアンの3姉妹の弟に当たる。近年では激太りやメンタルヘルスの問題がささやかれていた。ちなみにロブの異父妹に当たるケンダルとカイリー・ジェンナー姉妹は母クリスと再婚したブルース・ジェンナーとの間の娘。

――では元婚約者のブラック・チャイナって?
 


元ストリッパーのセクシーモデルで、昨年1月からロブとの交際をスタート。4月に婚約を発表し、11月には娘が生まれたが、今年2月に早くも破局した。チャイナは以前婚約していたラッパー、タイガとの間に息子も儲けていて、そのタイガは現在、ロブの異父妹カイリーと交際中。複雑過ぎる。

【参考記事】自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

――どんな騒動が起こった?


7月初め、ロブが自身のインスタグラムに勝手にチャイナの際どいヌード写真などを投稿。複数の男と浮気して裏切った、ドラッグをやっている、ひどい母親だ、整形手術に10万ドルかけた(その費用を支払ったのも僕だ)、などの中傷コメントも付けた。

――なぜそんなことを?


ロブが言うには、前日にチャイナが、他の男性とのキス動画を送ってきたのでカッとなったらしい。

ニュース速報

ビジネス

米経済活動は急低下、新型コロナによる混乱で=地区連

ワールド

湾岸アラブ6カ国の新型コロナ感染者20万人超、1カ

ワールド

米政権、香港への優遇関税停止を検討 国家安全法踏ま

ワールド

米、香港への優遇措置継続できず 国家安全法受け=国

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月