最新記事

科学

性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

2017年5月2日(火)11時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

JLGutierrez-iStock.

<検索エンジンに打ち込まれた性的な語句のリストを見るだけでも、人の性嗜好がいかに多種多様かわかる。インターネットを情報源にした、ボストン大学の認知神経科学者2人による性的欲望の研究より>

性的欲望を生み出す脳のソフトウエアはどんなしくみになっているのか? そんな疑問を抱いたボストン大学の認知神経科学者、オギ・オーガスとサイ・ガダムは、インターネットを情報源に使って「世界最大の実験」を行い、1冊の本を世に送り出した。『性欲の科学――なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(坂東智子訳、CCCメディアハウス)だ。

4億の検索ワード、65万人の検索履歴、数十万の官能小説、数千のロマンス小説、4万のアダルトサイト、500万件のセフレ募集投稿、数千のネット掲示板投稿――これらをデータマイニングにより分析した彼らは、読み物としても濃密な1冊に仕上げている。

ここでは本書の「第1章 大まじめにオンラインポルノを研究する――性科学と『セクシュアル・キュー』」から一部を抜粋し、3回に分けて転載する。この第2回では、第1回「性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だらけ」の続きを。

◇ ◇ ◇

まさに、ネットはポルノのためにある

 社会心理学の世界では、1960年代から70年代にかけて、ちょっと無茶で大胆な実験が盛んに行われた。そのころの実験は、アメリカのケーブルテレビ、MTVのドッキリ番組『ジャッカス』のいたずらに近いものが多い。1971年の「スタンフォード監獄実験」では、被験者を囚人役と看守役に分け、大学の地下に作った模造監獄で生活させた。その結果、看守役はすっかり役になりきって囚人役を虐待し、囚人役たちが暴動を起こした。60年代の「ミルグラム実験」では、被験者たちに、教師役として生徒役に電気ショックを与えさせ、しかも、与えるたびに電圧を上げさせ、最終的には死の危険があるレベルまで上げさせた。1973年には、スワースモア大学の心理学者ケネス・ガーゲンが、今だったら倫理団体に非難されることうけあいの実験を行った。彼の実験は、「人は、覆面性がきわめて高い状況に置かれたら、何をやるか?」を知るためのものだった。

 実験の日、若い男女5人ずつの総勢10人の被験者が、1人ずつ小部屋に入れられた。被験者たちはお互いの素性をまったく知らず、実験の日も、部屋に入るまで1人ずつ隔離されていた。彼らは部屋に入ると、各自やりたいことをやって時を過ごした。そして実験の時間が終わると、1人ずつ部屋を出て行った。この実験を非常に興味深いものにしているのは、彼らが過ごした部屋だ。その部屋は真っ暗だったのだ。

 被験者たちには、お互いの顔が見えなかった。彼らはもともとお互いを知らなかったし、実験後もお互いの素性はわからないままだと思っていた。要するに、彼らは完全な覆面のまま、一緒の時を過ごしたのだ。ではそうした状況で、彼らは何をやったのだろうか? まずは話をした。しかし会話はすぐに途切れた。次に、触れ合いが始まった。被験者の90%近くがまわりのだれかに故意に触れ、半数以上が、まわりのだれかを抱き締めた。被験者の3分の1はキスもした。男性の被験者の1人は5人の女性にキスをした。彼はこう語っている。「座っていたら、ベスがやって来て、2人でお互いの顔を触り始めた。それからお互いの体を触った。そして抱き合ってキスをした。そうやって、お互いに愛する気持ちを表現したんだよ。僕らはその気持ちをほかの人にもお裾分けすることにした。だからベスが僕から離れ、ローリーと入れ替わった」。素性がバレることがなかったので、被験者たちは自分の性的欲望を自由に表現した。男性の被験者の1人は、お金を払ってでももう一度部屋に入りたいと、ガーゲンに申し出たという。男女とも、被験者の80%が性的興奮を覚えたと語っている。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月