最新記事

科学

性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

2017年5月2日(火)11時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

JLGutierrez-iStock.

<検索エンジンに打ち込まれた性的な語句のリストを見るだけでも、人の性嗜好がいかに多種多様かわかる。インターネットを情報源にした、ボストン大学の認知神経科学者2人による性的欲望の研究より>

性的欲望を生み出す脳のソフトウエアはどんなしくみになっているのか? そんな疑問を抱いたボストン大学の認知神経科学者、オギ・オーガスとサイ・ガダムは、インターネットを情報源に使って「世界最大の実験」を行い、1冊の本を世に送り出した。『性欲の科学――なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか』(坂東智子訳、CCCメディアハウス)だ。

4億の検索ワード、65万人の検索履歴、数十万の官能小説、数千のロマンス小説、4万のアダルトサイト、500万件のセフレ募集投稿、数千のネット掲示板投稿――これらをデータマイニングにより分析した彼らは、読み物としても濃密な1冊に仕上げている。

ここでは本書の「第1章 大まじめにオンラインポルノを研究する――性科学と『セクシュアル・キュー』」から一部を抜粋し、3回に分けて転載する。この第2回では、第1回「性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だらけ」の続きを。

◇ ◇ ◇

まさに、ネットはポルノのためにある

 社会心理学の世界では、1960年代から70年代にかけて、ちょっと無茶で大胆な実験が盛んに行われた。そのころの実験は、アメリカのケーブルテレビ、MTVのドッキリ番組『ジャッカス』のいたずらに近いものが多い。1971年の「スタンフォード監獄実験」では、被験者を囚人役と看守役に分け、大学の地下に作った模造監獄で生活させた。その結果、看守役はすっかり役になりきって囚人役を虐待し、囚人役たちが暴動を起こした。60年代の「ミルグラム実験」では、被験者たちに、教師役として生徒役に電気ショックを与えさせ、しかも、与えるたびに電圧を上げさせ、最終的には死の危険があるレベルまで上げさせた。1973年には、スワースモア大学の心理学者ケネス・ガーゲンが、今だったら倫理団体に非難されることうけあいの実験を行った。彼の実験は、「人は、覆面性がきわめて高い状況に置かれたら、何をやるか?」を知るためのものだった。

 実験の日、若い男女5人ずつの総勢10人の被験者が、1人ずつ小部屋に入れられた。被験者たちはお互いの素性をまったく知らず、実験の日も、部屋に入るまで1人ずつ隔離されていた。彼らは部屋に入ると、各自やりたいことをやって時を過ごした。そして実験の時間が終わると、1人ずつ部屋を出て行った。この実験を非常に興味深いものにしているのは、彼らが過ごした部屋だ。その部屋は真っ暗だったのだ。

 被験者たちには、お互いの顔が見えなかった。彼らはもともとお互いを知らなかったし、実験後もお互いの素性はわからないままだと思っていた。要するに、彼らは完全な覆面のまま、一緒の時を過ごしたのだ。ではそうした状況で、彼らは何をやったのだろうか? まずは話をした。しかし会話はすぐに途切れた。次に、触れ合いが始まった。被験者の90%近くがまわりのだれかに故意に触れ、半数以上が、まわりのだれかを抱き締めた。被験者の3分の1はキスもした。男性の被験者の1人は5人の女性にキスをした。彼はこう語っている。「座っていたら、ベスがやって来て、2人でお互いの顔を触り始めた。それからお互いの体を触った。そして抱き合ってキスをした。そうやって、お互いに愛する気持ちを表現したんだよ。僕らはその気持ちをほかの人にもお裾分けすることにした。だからベスが僕から離れ、ローリーと入れ替わった」。素性がバレることがなかったので、被験者たちは自分の性的欲望を自由に表現した。男性の被験者の1人は、お金を払ってでももう一度部屋に入りたいと、ガーゲンに申し出たという。男女とも、被験者の80%が性的興奮を覚えたと語っている。

ニュース速報

ビジネス

米株、終盤に下げ転換 コロナ経済対策巡る協議膠着に

ワールド

米副大統領候補にハリス氏、バイデン氏が起用 黒人女

ビジネス

ドル小幅高、米コロナ追加対策協議の行き詰まりで=N

ワールド

原油先物1%安、米コロナ追加対策への期待後退で

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月