最新記事

キャリアアップ特集

オンライン英会話のレアジョブが進める、従来型スクールとのサービス融合

2017年3月29日(水)18時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

外国人ファシリテーターによるトレーニングワークショップ(写真提供:レアジョブ)

<英語を学ぶ手段として人気が定着したオンライン英会話。従来型の通学制スクールのサービスと融合する動きが活発化している>

ビジネスシーンで求めらる英語力が多様化するなか、空前の英会話ブームの兆しが見えている。その一翼を担っているのがオンライン英会話だ。金額の安さや利便性だけが注目されがちだが、新たに通学制の英会話スクールの利点を取り入れることで、新しい英会話学習のスタイルが生み出されつつある。

画期的な料金体系で市場を拡大

インターネットの普及によって誕生したオンライン英会話。スカイプなどの無料オンライン通話ツールで世界各地にいる英語講師と生徒を繋ぎ、マンツーマンの英会話レッスンを受けることを可能にしたものだ。最大の特徴は、価格の安さとレッスンを受ける場所や時間に融通が利く利便性だろう。日本では2000年頃から登場し、利用する受講者数は右肩上がりに増えている。

このうち2007年に設立されたレアジョブはオンライン英会話の最大手。創業者の加藤智久氏と中村岳氏が、スカイプを利用したビジネスを考えていたときに、英語を公用語とするフィリピンの人を講師とした英会話レッスンというサービスの構想を思いついた。

実際にフィリピンを訪れると、最高学府である国立フィリピン大学を卒業した人たちでさえ就職するのが困難な雇用問題があり、優秀な彼らを講師にすることで、質の高いレッスンを提供できると確信したという。現在、50万人以上の個人顧客を抱え、1000社以上の企業への導入実績がある。

【参考記事】最新ビジネス英会話に求められる、ロジカルスピーキングと「おもてなし」

レアジョブが画期的だったのは、新しい料金体系を取り入れたことだ。設立された2007年は旧NOVAが経営破綻した年。レッスンを受ける度にチケットを購入したり、半年分の料金を一括して払ったりすることに消費者が抵抗を感じていたことを受け、月額制を取り入れた。

「25分を1レッスンとし、毎日1レッスンを受ける毎日25分プランをはじめ、4つの料金プランを用意」と、レアジョブ広報の荒川佳織氏が説明する。毎日25分プランの料金は月額で5800円(税別)で、1レッスンあたり200円未満。これは一般的な英会話スクールと比べると20分の1ほどの金額だという。

前述の通り講師の質も高い。講師の登録数は約4000人で、このうち約4割が国立フィリピン大学の卒業生か、または現役の学生。自分に合った講師を、さまざまな条件から選ぶことができるのは大きな魅力だ。

ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、注目州のウィスコンシンとミネソタで

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放を拒否=弁護士

ビジネス

中国の成長目標、貿易戦争あっても確実に達成 債務抑

ワールド

マルタに難民救助船が寄港へ、EU5カ国が難民受け入

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月