最新記事

キャリアアップ特集

オンライン英会話のレアジョブが進める、従来型スクールとのサービス融合

2017年3月29日(水)18時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

rarejob-pic01.jpg

レアジョブはオンラインレッスンで画期的な料金体系を導入した(写真提供:レアジョブ)

通学制の利点を取り入れた新サービス

創業からの10年で、レアジョブの顧客にも変化が表れている。大学入試で英語のスピーキング力が重視される傾向が強まったことで中高生の受講者が増加。さらに、東京五輪の開催が決まってからはボランティアを目的とした主婦やシニア層も増えてきた。

一方で、顧客の中心となるビジネスパーソンの間では成果志向が顕著になってきている。企業活動のグローバル化によって、日常業務で英語を話すことを求められる人が急増していることの表われだ。

荒川氏は、「昔の英会話の市場では、必要に迫られてというよりも習いごとに近い感覚で学ぶ人が多かった。今は目的を持ち、それを達成するために英会話を始める人が増えた」と言う。このような背景によって、リーズナブルな料金でたくさん話すトレーニングが積めるオンライン英会話は急成長してきた。

【参考記事】早稲田大学ビジネススクールの魅力は、多様性の中でグローバルな経験を積める環境

その反面、オンライン英会話では、講師と対面していないために学ぶことができないことも多くある。また、オンライン英会話をうまく活用できるのは、自分でモチベーションを保ち続け、独学で英語力を上げることのできる層に限られる。こうした課題に対して、レアジョブでは新しいサービスを次々とスタートしている。

2年前からは日本人によるカウンセリングサービスをオプションで用意。さらに、2016年1月からは中上級者向けに「レアジョブ本気塾ワークショップ」をスタートさせた。これはオンラインレッスンと十数人のクラスによる通学制の英会話スクールを組み合わせたもの。週に1回外国人のファシリテーターが実践的なトレーニングをワークショップ形式で提供し、毎日のオンラインレッスンや宿題をこなすという3カ月間の短期集中によって、仕事で使える英会話力を身につける。また初心者に対しては、日本人のトレーナーが付いてマンツーマンで学習指導する「レアジョブ本気塾ハンズオン」も始めている。

これからの英会話市場を「オンラインだけではサービスの内容に限界があり、通学制だけではコストパフォーマンスが厳しい。実際に顧客にはオンラインと通学制を使い分けている人も多く、これからは両者のサービスが融合していくのではないか」と、荒川氏は分析している。そうしたサービス開発の元になるのが、レアジョブがこれまでに蓄積してきた2000万回以上のレッスンデータだ。

「日本人1000万人を英語が話せるようにする」をミッションとして掲げるオンライン英会話最大手のレアジョブは、新しいサービスの展開によって、通学制の英会話スクールとの融合を進めつつある。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月