最新記事

ゲーム

「ポケモンGO現象」がさらに拡大:鬱が改善との声多数。検索数でポルノ超えも

2016年7月15日(金)16時05分
高森郁哉

Shannon Stapleto-REUTERS

 任天堂など3社が共同開発したモバイルアプリゲーム「Pokémon GO」(ポケモンGO)が、日本に先駆け米国など数カ国で7月6日にリリースされ、爆発的な人気を博している。もはやその人気ぶりは社会現象となりつつあり、日々新たな話題をメディアに提供している。

参考記事:「米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場
参考記事:クレムリンにもポケモン現る

「ポケモンGOは鬱を改善する」心理学者も注目

 心理学博士のジョン・M・グロール氏は、自ら運営するサイク・セントラルに掲載した記事で、ポケモンGOが鬱症状を改善する可能性を指摘した。記事では、ツイッター利用者が鬱の改善を報告した投稿を多数転載している。

「ポケモンGOは、これまでのどんな医師の処方やセラピストのアドバイスよりも、私の鬱に良い治療になっている」 「不安や鬱がある自分が、週末の大半を外で友人たちと過ごしているなんて不思議」 「ポケモンGOが私の鬱を助けるなんて変だよね? 実際、・家から連れ出してくれる ・社交的にしてくれる ・体を動かす気にさせる」 「また4マイル歩いて、途中で4人と話した。ポケモンGOはたった1つのアプリで、肥満と社交不安を解決してくれるかも」 といったツイートが並んでいる。


 ただし、グロール博士は逆効果だった事例も挙げている。以下もツイッターからの転載だ。

「ポケモンGOをプレイしようとしたけど、自分の住まいは何かが見つかる道から遠すぎる......。今夜は鬱がひどい」 「ポケモンGOの話を聞くたび私の鬱は重くなる。実際のトレーナー(ポケモンを育てる人)対戦はないし、現実の対戦場もない。アクセサリは35ドルだし」


 これらのツイートを紹介したうえで、グロール博士は次のように締めくくっている。
「長年の研究により、シンプルな運動が精神状態の向上に有効であることが示されている。ポケモンGOの開発者らは、精神衛生のためのゲームアプリを意図したわけではないが、結果的にそうなっている。そして、その効果はおおむね良好なようだ」

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月