最新記事

ポケモンGO

米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

2016年7月13日(水)16時20分
高森郁哉

写真は、ポケモン・ゴーで表示されたニューヨークのブライアント・パーク。Mark Kauzlarich-REUTERS

<日本に先駆けて米国などでリリースされたモバイルアプリゲーム「Pokémon GO」が、爆発的な人気を博し、人気のあまり各地で、さまざまな反響を呼んでいる>

 任天堂など3社が共同開発したモバイルアプリゲーム「Pokémon GO」(ポケモンGO)が、日本に先駆け米国など数カ国で7月6日にリリースされ、爆発的な人気を博している。市場調査会社センサー・タワーの推計によると、11日時点での米国におけるiOS版とアンドロイド版の合計ダウンロード数は750万件。同ゲームは無料でダウンロードできるが、アイテムを入手するためのアプリ内課金があり、iOSのApp Storeでは1日あたり160万ドルの売り上げがあるという。また、Android Centralの記事は、12日にGoogle Playでの累計ダウンロード数が1000万件を超えたとしている。

 Pokémon GOは、位置情報と拡張現実(AR)を活用するゲーム。スマートフォンのカメラを介した現実世界の画面に現れるポケットモンスター(ポケモン)を捕まえたり、交換したり、バトルしたりできる。

「ポケモンと機関銃」のFB投稿が話題に

 Pokémon GOの人気は、意外な層にまで広がりをみせている。それは、日々現実の「バトル」に身を置く米国の兵士たちだ。イラクの前線でテロ組織ISIS(自称イスラム国、ダーイシュとも呼ばれる)と向き合うある志願兵が、機関銃の映り込んだPokémon GOのキャプチャ画面をフェイスブックに投稿し、750回以上シェアされるなどして大きな話題に。米ニューズウィークほか多くのメディアも取り上げた。

 投稿の主は、元米海兵隊歩兵のルイス・パーク氏(26歳)。イラクにはアッシリア系の民兵組織に義勇兵として参加し、ISIS支配下のモースルから32キロ北のテレスクフから7月8日、キャプチャ画像を添えてこう投稿した。
「テレスクフに近いモースルの前線で、最初のポケモンを捕まえた。ダーイシュ、ポケモンのバトルで俺と勝負しろ」

pokemon-go-iraqi-mosul.jpg

ルイス・パーク氏のFacebookから

 パーク氏はこのキャプチャ画像に先立ち、こんな投稿もしていた。

「Pokémon GOがリリースされた......。ポケモンのバトルでダーイシュと勝負できたらいいのにな」

ハマる米兵が急増中? 米軍公式アカウントが注意喚起

 米国ではすでに、Pokémon GOに夢中になるあまり、歩行中や運転中に大けがをしたり事故を起こしたりする事例が報じられている。こうした事態を受けて、米軍の複数の基地がフェイスブック公式アカウントを通じ、兵士と近隣住民らに注意を喚起したと、Air Force Timesが報じている。

 ワシントン州にあるルイス=マコード統合基地は、Pokémon GOのユーザーに向けて、次のように呼びかけた
「基地内の規制された区域、オフィスビル、住居に、ポケモンを追いかけて侵入しないでください」「駐車場や交差点では十分に注意して。電話から顔を上げて、通りを渡る前に両側をしっかり見ましょう。ポケモンは急にどこかに行ったりしませんから」

poke1.jpg


 ノースカロライナ州のシーモア・ジョンソン空軍基地も、兵士に向けて次のように投稿した
「もし諸君がPokémon GOをプレイしているなら、以下のことに留意するように。制服で歩いているときに機器を使用しない。周囲に気を配る。ポケモンを捕まえるために規制区域に侵入しない!」

poke2.jpg

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月