最新記事

ポケモンGO

米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

2016年7月13日(水)16時20分
高森郁哉

写真は、ポケモン・ゴーで表示されたニューヨークのブライアント・パーク。Mark Kauzlarich-REUTERS

<日本に先駆けて米国などでリリースされたモバイルアプリゲーム「Pokémon GO」が、爆発的な人気を博し、人気のあまり各地で、さまざまな反響を呼んでいる>

 任天堂など3社が共同開発したモバイルアプリゲーム「Pokémon GO」(ポケモンGO)が、日本に先駆け米国など数カ国で7月6日にリリースされ、爆発的な人気を博している。市場調査会社センサー・タワーの推計によると、11日時点での米国におけるiOS版とアンドロイド版の合計ダウンロード数は750万件。同ゲームは無料でダウンロードできるが、アイテムを入手するためのアプリ内課金があり、iOSのApp Storeでは1日あたり160万ドルの売り上げがあるという。また、Android Centralの記事は、12日にGoogle Playでの累計ダウンロード数が1000万件を超えたとしている。

 Pokémon GOは、位置情報と拡張現実(AR)を活用するゲーム。スマートフォンのカメラを介した現実世界の画面に現れるポケットモンスター(ポケモン)を捕まえたり、交換したり、バトルしたりできる。

「ポケモンと機関銃」のFB投稿が話題に

 Pokémon GOの人気は、意外な層にまで広がりをみせている。それは、日々現実の「バトル」に身を置く米国の兵士たちだ。イラクの前線でテロ組織ISIS(自称イスラム国、ダーイシュとも呼ばれる)と向き合うある志願兵が、機関銃の映り込んだPokémon GOのキャプチャ画面をフェイスブックに投稿し、750回以上シェアされるなどして大きな話題に。米ニューズウィークほか多くのメディアも取り上げた。

 投稿の主は、元米海兵隊歩兵のルイス・パーク氏(26歳)。イラクにはアッシリア系の民兵組織に義勇兵として参加し、ISIS支配下のモースルから32キロ北のテレスクフから7月8日、キャプチャ画像を添えてこう投稿した。
「テレスクフに近いモースルの前線で、最初のポケモンを捕まえた。ダーイシュ、ポケモンのバトルで俺と勝負しろ」

pokemon-go-iraqi-mosul.jpg

ルイス・パーク氏のFacebookから

 パーク氏はこのキャプチャ画像に先立ち、こんな投稿もしていた。

「Pokémon GOがリリースされた......。ポケモンのバトルでダーイシュと勝負できたらいいのにな」

ハマる米兵が急増中? 米軍公式アカウントが注意喚起

 米国ではすでに、Pokémon GOに夢中になるあまり、歩行中や運転中に大けがをしたり事故を起こしたりする事例が報じられている。こうした事態を受けて、米軍の複数の基地がフェイスブック公式アカウントを通じ、兵士と近隣住民らに注意を喚起したと、Air Force Timesが報じている。

 ワシントン州にあるルイス=マコード統合基地は、Pokémon GOのユーザーに向けて、次のように呼びかけた
「基地内の規制された区域、オフィスビル、住居に、ポケモンを追いかけて侵入しないでください」「駐車場や交差点では十分に注意して。電話から顔を上げて、通りを渡る前に両側をしっかり見ましょう。ポケモンは急にどこかに行ったりしませんから」

poke1.jpg


 ノースカロライナ州のシーモア・ジョンソン空軍基地も、兵士に向けて次のように投稿した
「もし諸君がPokémon GOをプレイしているなら、以下のことに留意するように。制服で歩いているときに機器を使用しない。周囲に気を配る。ポケモンを捕まえるために規制区域に侵入しない!」

poke2.jpg

ニュース速報

ワールド

米国務長官、香港メディア王の逮捕受け中国を非難

ビジネス

米コロナ支援に協調必要、弱者が最大の苦境=シカゴ連

ワールド

独仏首脳会談、今夏開催か 南仏の大統領別荘で=関係

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月