最新記事

ポケモンGO

クレムリンにもポケモン現る

2016年7月15日(金)15時40分
ダミアン・シャルコフ

Lehtikuva Lehtikuva-REUTERS

<先行リリースされたアメリカなどで社会現象となっている「ポケモンGO」。まだ正式にはリリースされていないロシアの中枢クレムリン近くでも珍しいポケモンが捕獲されたらしい>

 スマホ用ゲームアプリ「ポケモンGO」は、GPS機能を活用してプレイヤーが街中の様々な場所でポケモンのキャラクターを見つけて捕まえることができるゲーム。アメリカでは先週のリリース以降、爆発的なブームとなっている。

【関連記事】米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

 ロシアでも、そのリリースは来週以降になる予定だ。しかしすでに多くのユーザーが非公式にゲームをダウンロードしており、実際にポケモンの目撃情報もあることから、ロシア政府は予防的先制攻撃に出た。ポケモンを探すユーザーが、プーチン大統領の官邸近くなどに立ち入らないよう警告を発したのだ。

 発売前とはいえ、盛り上がりは凄い。今週のモスクワの雷雨もゲームのせいにされている。ポケモンのゲームやアニメの主要キャラクターのピカチュウが、電気ショック攻撃を繰り出すポケモンだからだ。ソーシャル上では多くのロシアユーザーが、ピカチュウが雷雨を起こしたと言い出し、ロシアのツイッター上ではピカチュウがトップの話題になっている。

白を切る報道官

 しかしロシア政府は、このブームを喜んでいない。今週14日、クレムリン広報官のドミトリー・ペスコフは、ポケモンGOを待ち望んでいるユーザーにクレムリンの敷地内に立ち入らないよう釘を刺した。クレムリン敷地内にもポケモンはいるのか、国営通信「ロシアの今日」の取材に対しペスコフは「自分はゲームをやっていない」のでわからない、と語った。

【関連記事】ポケモンGO、一時個人情報にフルアクセス可能だった

 だが、実はすでにクレムリン周辺でもポケモンは捕獲されていて、ニュースサイト「ライフ」の記事によると、クレムリン外壁の近くを飛ぶ翼竜のような珍しいポケモン「プテラ」など、赤の広場で3匹のポケモンを記者が捕まえている。

 クレムリンは1400年代以降、歴代皇帝やソビエト連邦の指導者の公邸として使われてきた。赤い外壁に囲まれた敷地内には、現在でもロシア大統領府として使われている宮殿の他、歴史的建造物の大聖堂、皇帝や政治的な遺産を展示して一般公開されているクレムリン博物館など様々な重要施設がある。

 ペスコフは、ここでユーザーがゲームに興じるのは好ましくないという考えだ。「クレムリンはロシア大統領の公邸でありながら(敷地内が)一般に公開されているが、この世界遺産をポケモンが訪れる理由はない」と、語った。

 アメリカでも、バージニア州のホロコースト博物館がポケモンGOユーザーの敷地内への立ち入りを禁止している。

ニュース速報

ビジネス

第4四半期の台湾GDP、1年半ぶりの高い伸び

ビジネス

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で

ビジネス

緩和方向意識した政策当分続く、海外リスクへの警戒緩

ビジネス

マレーシア航空にエールフランスが49%取得提示、J

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月