最新記事

ポケモンGO

クレムリンにもポケモン現る

2016年7月15日(金)15時40分
ダミアン・シャルコフ

Lehtikuva Lehtikuva-REUTERS

<先行リリースされたアメリカなどで社会現象となっている「ポケモンGO」。まだ正式にはリリースされていないロシアの中枢クレムリン近くでも珍しいポケモンが捕獲されたらしい>

 スマホ用ゲームアプリ「ポケモンGO」は、GPS機能を活用してプレイヤーが街中の様々な場所でポケモンのキャラクターを見つけて捕まえることができるゲーム。アメリカでは先週のリリース以降、爆発的なブームとなっている。

【関連記事】米で大人気の「ポケモンGO」、ISISとの前線でプレイする猛者も登場

 ロシアでも、そのリリースは来週以降になる予定だ。しかしすでに多くのユーザーが非公式にゲームをダウンロードしており、実際にポケモンの目撃情報もあることから、ロシア政府は予防的先制攻撃に出た。ポケモンを探すユーザーが、プーチン大統領の官邸近くなどに立ち入らないよう警告を発したのだ。

 発売前とはいえ、盛り上がりは凄い。今週のモスクワの雷雨もゲームのせいにされている。ポケモンのゲームやアニメの主要キャラクターのピカチュウが、電気ショック攻撃を繰り出すポケモンだからだ。ソーシャル上では多くのロシアユーザーが、ピカチュウが雷雨を起こしたと言い出し、ロシアのツイッター上ではピカチュウがトップの話題になっている。

白を切る報道官

 しかしロシア政府は、このブームを喜んでいない。今週14日、クレムリン広報官のドミトリー・ペスコフは、ポケモンGOを待ち望んでいるユーザーにクレムリンの敷地内に立ち入らないよう釘を刺した。クレムリン敷地内にもポケモンはいるのか、国営通信「ロシアの今日」の取材に対しペスコフは「自分はゲームをやっていない」のでわからない、と語った。

【関連記事】ポケモンGO、一時個人情報にフルアクセス可能だった

 だが、実はすでにクレムリン周辺でもポケモンは捕獲されていて、ニュースサイト「ライフ」の記事によると、クレムリン外壁の近くを飛ぶ翼竜のような珍しいポケモン「プテラ」など、赤の広場で3匹のポケモンを記者が捕まえている。

 クレムリンは1400年代以降、歴代皇帝やソビエト連邦の指導者の公邸として使われてきた。赤い外壁に囲まれた敷地内には、現在でもロシア大統領府として使われている宮殿の他、歴史的建造物の大聖堂、皇帝や政治的な遺産を展示して一般公開されているクレムリン博物館など様々な重要施設がある。

 ペスコフは、ここでユーザーがゲームに興じるのは好ましくないという考えだ。「クレムリンはロシア大統領の公邸でありながら(敷地内が)一般に公開されているが、この世界遺産をポケモンが訪れる理由はない」と、語った。

 アメリカでも、バージニア州のホロコースト博物館がポケモンGOユーザーの敷地内への立ち入りを禁止している。

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月