最新記事

テクノロジー

リアルなVRの時代がついに到来

ゲームからハリウッド、ポルノ業界まで急拡大。仮想現実が一般消費者に手の届く現実になりだした

2016年5月6日(金)16時00分
マーク・パートン

異世界へ VR機器の需要を牽引しているのはゲームだ(オキュラスリフトの試作品を試す人々) Yuya Shino-REUTERS

 ラスベガスの街を見下ろす32階の高級スイートで、イアン・ポールは熱弁を振るっていた。話題は、バーチャル・リアリティー(VR=仮想現実)が今後、いかに彼の会社の命運を握るかだ。無料サービスや広告収入を武器にした強力なライバル企業がひしめくなか、VRが必勝のカギになるとポールは考えている。VRの没入体験こそ、カネを払う価値ありと消費者に支持されるに違いない。

 1月上旬に開催された、世界最大の情報家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、数々の企業がVRでビジネスを変革させると売り込みをかけた。ニューヨーク・タイムズにフォックス、ESPN......ポールはこのあたりの企業の重役? いや、彼はポルノ業界人だ。

 正確に言えば、ポルノ会社ノーティーアメリカの最高情報責任者(CIO)。同社の新たなVRポルノサービスを引っ提げて、CESに乗り込んだ。月額24.95ドルのサービスで、広告収入頼りの無料サイトと差別化を図り、優位に立てると確信している。「(VRポルノなら)どこに広告を入れられる?」と彼は言う。「壁にでも入れるか?」

【参考記事】バーチャル・ポルノがリアルな市場に:2025年の推計値は10億ドル

 ようこそ、本当にリアルになったバーチャル・リアリティーの世界へ。ポールがVRポルノに360度の視野は必要ないと力説している頃(視聴者は目の前のことに集中するから)、別のフロアではフォックスが「VR火星着陸体験」のできる招待客向けパーティーを開催していた。調査会社スーパーデータリサーチのリポートによれば、一般消費者向けVR市場は昨年の6億6000万ドルから、今年は51億ドル規模に急成長するという。

【参考記事】時価総額45億ドルのMagic Leapが拓くミックス・リアリティの世界 スマホは不要になるのか?

 一夜にして訪れた大成功に見えるが、実際のところVRがここまで到達するには何十年もかかった。60年代にはコンピューター業界の奇才アイバン・サザランドが最初期の頭部装着型ディスプレイを開発。両目の前に小さなブラウン管を配置したVR装置だが、ついぞ商品化されることはなかった。

高価格で浸透せず撤退

 液晶パネルやパソコンが一般市場に浸透しだした80年代初頭、ゲーム会社アタリの社員ジャロン・レーニアとトーマス・ジマーマンがVRの先駆け的企業であるVPLリサーチ社を設立。VRヘッドセット「アイフォン」や手袋型の入出力装置「データグローブ」を開発した。

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 7

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 8

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 9

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月