最新記事

テクノロジー

リアルなVRの時代がついに到来

ゲームからハリウッド、ポルノ業界まで急拡大。仮想現実が一般消費者に手の届く現実になりだした

2016年5月6日(金)16時00分
マーク・パートン

異世界へ VR機器の需要を牽引しているのはゲームだ(オキュラスリフトの試作品を試す人々) Yuya Shino-REUTERS

 ラスベガスの街を見下ろす32階の高級スイートで、イアン・ポールは熱弁を振るっていた。話題は、バーチャル・リアリティー(VR=仮想現実)が今後、いかに彼の会社の命運を握るかだ。無料サービスや広告収入を武器にした強力なライバル企業がひしめくなか、VRが必勝のカギになるとポールは考えている。VRの没入体験こそ、カネを払う価値ありと消費者に支持されるに違いない。

 1月上旬に開催された、世界最大の情報家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、数々の企業がVRでビジネスを変革させると売り込みをかけた。ニューヨーク・タイムズにフォックス、ESPN......ポールはこのあたりの企業の重役? いや、彼はポルノ業界人だ。

 正確に言えば、ポルノ会社ノーティーアメリカの最高情報責任者(CIO)。同社の新たなVRポルノサービスを引っ提げて、CESに乗り込んだ。月額24.95ドルのサービスで、広告収入頼りの無料サイトと差別化を図り、優位に立てると確信している。「(VRポルノなら)どこに広告を入れられる?」と彼は言う。「壁にでも入れるか?」

【参考記事】バーチャル・ポルノがリアルな市場に:2025年の推計値は10億ドル

 ようこそ、本当にリアルになったバーチャル・リアリティーの世界へ。ポールがVRポルノに360度の視野は必要ないと力説している頃(視聴者は目の前のことに集中するから)、別のフロアではフォックスが「VR火星着陸体験」のできる招待客向けパーティーを開催していた。調査会社スーパーデータリサーチのリポートによれば、一般消費者向けVR市場は昨年の6億6000万ドルから、今年は51億ドル規模に急成長するという。

【参考記事】時価総額45億ドルのMagic Leapが拓くミックス・リアリティの世界 スマホは不要になるのか?

 一夜にして訪れた大成功に見えるが、実際のところVRがここまで到達するには何十年もかかった。60年代にはコンピューター業界の奇才アイバン・サザランドが最初期の頭部装着型ディスプレイを開発。両目の前に小さなブラウン管を配置したVR装置だが、ついぞ商品化されることはなかった。

高価格で浸透せず撤退

 液晶パネルやパソコンが一般市場に浸透しだした80年代初頭、ゲーム会社アタリの社員ジャロン・レーニアとトーマス・ジマーマンがVRの先駆け的企業であるVPLリサーチ社を設立。VRヘッドセット「アイフォン」や手袋型の入出力装置「データグローブ」を開発した。

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

ワールド

イタリア地方選、中道派与党が北部の牙城守る 五つ星

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設担当者の不安な未来

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 4

    ゴーン追放で日産が払った大きな代償

  • 5

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 8

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 9

    仮想通貨ウォーズの勝者はリブラか中国か――経済の未…

  • 10

    紅白歌合戦になぜレインボーフラッグ? NHKに聞いて…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 10

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月