最新記事

バーチャルリアリティー

バーチャル・ポルノがリアルな市場に:2025年の推計値は10億ドル

VRヘッドセットが大手から続々登場。アダルトとの親和性が勝者を決める?

2016年1月29日(金)16時30分
高森郁哉(翻訳者、ライター)

VRポルノ 米国のVRアダルトコンテンツ市場は、急拡大しそうだ。(写真はVRヘッドセットを試す人々 YouTube から)

 フェイスブック傘下のオキュラスが仮想現実(バーチャルリアリティ:VR)ヘッドセット「Rift」を599ドルで予約受付を開始し(出荷は3月28日から)、ソニーも「プレイステーション4」に対応するVRシステム「プレイステーションVR」を今年上半期に売り出すなど、VR関連の話題がにわかに盛り上がってきた印象だ。しかし、米国の調査会社によると、VRポルノは昨年から既に急成長しており、近い将来にはVRコンテンツ市場の中で3番目の規模になる見込みだという。

 SimilarWebは、2015年のVR市場の動向を調査したレポートの中で、新興のVRアダルト業界は昨年大きく成長したと指摘。VRポルノを専門とする10サイトへの世界からのトラフィックを調べたところ、1月から11月までで202%増加し、ピークだった10月には324万件のアクセスがあったという。

 また同期間で、オキュラスのサイトが全体のトラフィックのうち16.7%が参照リンクからで、そのうち2.7%がVRポルノサイトからだった。同様に、「Homido」という競合製品のサイトでは、トラフィック全体の27.6%が参照リンクから、そのうち51.4%に相当する約8万2000件のアクセスが「virtualrealporn.com」だけから送られたという。こうした傾向から、SimilarWebは「VRヘッドセットの勝者は、ポルノが決めるかもしれない」と述べている。

VRヘッドセットを試す人々
.

 VentureBeatはSimilarWebの調査結果を引用したうえで、今年のどこかの時点でRift、プレイステーションVR、それにHTCの「Vive」(2月末に米国で予約開始、価格未発表)が出揃ったとき、ソニーのヘッドセットが競合2製品よりも不利になると予想している。Riftはオープンなプラットフォームで、Viveも詳細は未定ながら、PC上で動作するソフトが開発可能になるとみられる。これに対し、ソニーはPS専用のデバイスであり、ソニーに承認されたソフトしか動作しないため、VRのアダルトコンテンツは排除される可能性が高いというわけだ。

 他方、別の調査会社Piper Jaffrayは、米国のVRアダルトコンテンツ市場は、2016年に1300万ドル、2025年には10億ドルの規模に拡大するとの推計値を示した。2025年の規模で他のVRコンテンツカテゴリーと比較すると、1位のビデオゲーム(14億ドル)、2位のNFL(12億3000万ドル)に続き、アダルトは3位になるとみている。

 これまでも、コンシューマー向けの新しい映像関連技術が普及する上で、アダルトコンテンツの利用者がアーリーアダプターとして大きな役割を果たしてきた。また、VHS対ベータマックス、Blu-Ray対HD DVDのように、競合する技術が同時期に登場したときには、ポルノが新しいプラットフォームの確立に貢献してきたとする見方もある。VRヘッドセットの普及に関しても、アダルトコンテンツとの親和性が影響することは間違いなさそうだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 8

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月