最新記事

中国

バラエティ番組も禁止の「軍事パレード」仰天舞台裏

抗日戦勝記念式典で、北京五輪以上の全体主義的な厳戒態勢が取られた理由

2015年9月3日(木)11時56分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

この日のために 市民生活を犠牲にした超厳戒態勢で準備が進められた(9月1日、軍事施設での予行演習) Stringer - REUTERS

 2015年9月3日午前9時、北京市で抗日戦争勝利70周年記念・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念の閲兵式(軍事パレード)が開催された。事前の報道によると、参加兵士数は1万2000人と過去最大。さらに軍用機200機、兵器500台が参加する予定で、その80%超が初披露の新型兵器だという。

 今春、閲兵式の開催が発表された際、喜んだ人々の多くは「軍事オタク」だった。かつての中国では、男の子のホビーといえば軍事関係が中心だ。今でも30代以上には軍事オタクが多く、雑誌やテレビ番組も多い。軍事オタク以外の一般市民はというと、無関心、あるいは厄介ごとが増えるだけとの声が多かった。その不安は的中している。勇壮な閲兵式の裏側では、常軌を逸した「労民傷財工程」(国民に苦労をかけ財産を無駄にする政府のプロジェクト)が行われている。その信じられないエピソードをいくつか紹介しよう。

レストラン営業禁止、空港使用禁止など市民生活が犠牲に

 昨年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では工場の一時操業中止、乗用車の走行制限が導入された。期間中は見事な青空となり「APECブルー」と呼ばれたが、今回は「閲兵式ブルー」の実現のためにさらに強力な取り組みが行われている。1万2000もの工場が一時操業中止を強いられたほか、北京市近隣の発電所やボイラーもストップされた。閲兵式当日はボイラーを動かせないため、ある大学学生寮では浴場が使えなくなったという。さらにレストランや屋台まで営業中止となったほか、農村部では煮炊きのためのかまどの使用中止まで通達された。また閲兵式のルートではほこりが舞わないよう、念入りにふき掃除まで行われている。

 同じ空の話では空域の大混雑もある。閲兵式実施中には3時間にわたり空港の使用が禁止されるほか、2週間以上前から市上空の飛行制限空域が拡大された。演習用の空域確保が目的だという。もともと北京といえば軍事演習に伴う航空便の遅延が多いことで有名だが、さらに悪化しているのが現状だ。空軍基地の周囲では、サルによる巣の除去が行われているという。訓練されたサルが巣をゆすって落とし、鳥を基地から遠ざけるという。また市内ではハヤブサを使って鳥を追い払っている。

 治安維持も凄まじい力の入れようだ。警察、武装警察に加え、80万人を超える治安ボランティアが動員された。また刃物の購入には身分証の提示と実名登録が必要になったほか、2日夜から市内中心部は居住者以外の立ち入りが禁止された。居住者にも3日は出歩かないようにとの通達が出ている。レストランや食材市場も多くが閉鎖されるため、閲兵式前後は自宅に籠城しなければならないとインスタント食品を買い込んだ人もいる。いやそればかりか、行進ルート近隣の住民にはカーテンを開けるな、のぞき見するなとの通達もあった。市内各所に軍の狙撃兵が配備されテロを警戒しているため、カーテン越しにのぞき見すればテロリストと誤認して射殺されかねないとの理由だ。

ニュース速報

ワールド

中東4カ国で新型ウイルス感染初めて確認、イランから

ワールド

イタリア、新型ウイルスの死者計6人・感染者220人

ビジネス

中国人民銀、新型肺炎対策に一段の措置 穏健な金融政

ビジネス

独IFO業況指数、2月は予想外の上昇 新型肺炎に懸

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月