最新記事

ペット

韓国が輸出する超小型犬の悲劇

2014年8月6日(水)12時01分
ジェフリー・ケイン

買い手が付かず食肉に?

 子犬が厳しい状況にさらされているからといって、韓国からティーカップ犬を輸入してリッチな客にプレミア価格で売る商売を、アメリカの業者が思いとどまるわけではない。韓国のティーカップ犬ビジネスは、既にアメリカの一歩先を行く一大産業だ。

 彼らは小さくて毛並みの良い縫いぐるみのような犬を量産する技術にたけている。この手の犬は、人口密度が高くて多くの人がアパート暮らしをする韓国の都市部で大人気だ。

 こうした土地柄に加え、「韓国では見た目のいい犬が好まれる傾向にある」とセオは言う。韓国のある獣医師は、同国のペット産業にとって画期的な特別な餌を開発したと発表した。彼によれば、この餌を使って育てた子犬は生後9カ月でたった550グラム。成犬になってもわずか600グラム程度になるだろうと断言している。本当ならギネスブックの世界最小記録より小さい。

 一方で、月齢が進んでいて小さく育てるには既に手遅れになった犬や、幼いうちに買い手が見つからなかった犬は、犬肉を取り扱う業者に引き渡される恐れがあると、KARAは指摘する。まだ貧しかった数十年前の韓国に広く普及していた犬肉料理は、現代の若者には不評ながら、特定のレストランではまだ扱われている。

 ティーカップ犬の輸入に関しては、アメリカの法規制はあまり役に立っていないようだ。生後半年以内の輸入犬を販売することは禁じられているが、実際には堂々と売られている。農務省が法に基づいて取り締まりを強化していないためだ。

 司法記録によれば、ティンカーベルを売ったアンダーソンは飼い主からの訴えで少なくとも過去に5回は司法当局の調査を受けている。それでも彼女は何食わぬ様子で2つの会社名を使い分けて複数の州で子犬を販売。そのウェブサイトによれば、顧客にはパリス・ヒルトンの母キャシーや世界の王族などセレブが名を連ねている。

ニュース速報

ビジネス

鉱工業生産4月は9.1%低下、3カ月連続マイナス 

ビジネス

東京都区部の消費者物価指数、5月は巣ごもり消費で予

ワールド

トランプ米大統領、SNS企業の保護弱める大統領令に

ビジネス

ブラジル中銀総裁、非伝統的政策オプションに消極姿勢

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月