最新記事

ペット

韓国が輸出する超小型犬の悲劇

2014年8月6日(水)12時01分
ジェフリー・ケイン

通常の犬より弱い抵抗力

 ジャオはチビターノに、子犬を販売したアメリカの業者についてネットで調べてみるよう助言。するとこの業者は、多くの飼い主から苦情を受けていることが分かった。

 韓国生まれのティンカーベルを売ったのは、テキサスを拠点に販売会社を経営するアシュリー・アンダーソン。彼女は取材に答え、獣医師の正式な診断書を添えて苦情が届いたことは一度もない、と主張した。チビターノから連絡があったのも、同社の保証期間である48時間を過ぎてからだったと言い張る。

 アメリカの多くの州は州境を越えてペットを販売する場合に健康証明書を用意するよう義務付けているが、アンダーソンは輸入後のティンカーベルを診察した医師の名前を明らかにしようとしなかった。

 ティーカップ犬ビジネスは、透明性とは程遠い。あまりに多くの子犬が劣悪な環境の檻に押し込められ、長旅に耐えられないほど幼いうちに輸出されている。そのため取引を問題視すべきだと、動物保護団体に加えて韓国のブリーダーも訴えている。

 体が極めて小さいだけに、ティーカップ犬は通常の犬よりも低血糖などの深刻な症状に陥りやすく、ストレスや非衛生的な環境で命を落としやすい。

「生産性を最大限に向上させるため、子犬は早いうちに母犬から乳離れさせられる。これが大きなストレスになることは周知の事実だ」と、ペンシルベニア大学獣医学校のジェームズ・サーぺル教授は言う。「他の子犬と一緒に大量に押し込められ、長い距離を移動することもストレスと感染症の危険を高める」

 韓国には劣悪な環境で子犬を大量生産する「パピーミル(子犬工場)」が林立していると、韓国動物権利擁護団体(KARA)のボラミ・セオは言う。KARAの試算では国内に最大3000〜4000のパピーミルが存在し、各施設が一度に100〜800匹を育てる。犬は家畜に分類されないため、公式の統計はない。

 韓国の多くのブリーダーは、施設の取材を拒否した。だが一般客を装ってソウル郊外の金浦にある巨大パピーミル施設を訪れて話を聞くと、ここのブリーダーはティーカップ犬の輸出はお断りだと言った。輸送中か到着後1カ月以内に約3分の1が死ぬ可能性が高いからだという。

 アンダーソンに子犬を販売したのは、韓国で「ビクトリーペット」を経営するジュン・ソクだ。彼が言うには、子犬がアメリカへの輸送の途中で死んでも同社に責任はない。「小さな犬にとって、長旅はただでさえストレスになるから」だという。空港への輸送から検疫まで含めて韓国から北米まで約20時間を要する旅は、2〜3歳の成犬でもきついという。

 彼はパピーミルから子犬を買うことは一切していない、と付け加えた。彼は自ら取引先のブリーダーを訪れ、施設の衛生状態を確認し、韓国の2人の獣医師と共に子犬の状態をチェックしているという。

ニュース速報

ワールド

米民主バイデン氏「核実験の検討は無謀」 政権が協議

ワールド

フィリピン、首都マニラの封鎖6月から緩和 感染者は

ワールド

コロナ対策の郵送投票、共和党員は民主党員より懐疑的

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月