最新記事

ペット

韓国が輸出する超小型犬の悲劇

2014年8月6日(水)12時01分
ジェフリー・ケイン

書類偽造し幼い犬を販売

 法を犯して韓国から子犬を輸入するのは、アンダーソンだけではない。12年にはカリフォルニア州の業者ジンジャー・トゥルクが子犬の健康診断書で獣医師のサインを偽造したとして有罪判決を受けた。彼の輸入した韓国産の子犬の多くは、購入した飼い主の元に送られる途中、排泄物を介して蔓延しやすい犬パルボウイルス感染症で死んだという。

 当時トゥルクの会社は、韓国国外への子犬輸出で韓国最大規模のオンラインショップと称する「ジュン・パピークラブ」の商品をアメリカで独占的に扱っていると、ウェブサイトでうたっていた。

 そこで、ジュン・パピークラブに尋ねてみた。韓国から輸出された子犬がパルボウイルスで死んだ場合、韓国の会社の責任になるのか、と。同社を経営するジュン・ミンスは、韓国の空港の厳密な検疫を考えればそんな事態は「あり得ない」と回答した。

 韓国がティーカップ犬の輸出大国になる以前から、メキシコやロシア、ハンガリーなどの国々では幼過ぎる子犬を輸入することに懸念が持ち上がっていたと、アメリカ動物愛護協会は指摘する。「子犬は幼いほど高値で売れる。生後4週間ほどの子犬が6〜8週と称して売られているとみられる」と、パピーミル問題の責任者キャスリーン・サマーズは言う。

 米疾病対策センター(CDC)は今年5月、輸入される子犬のうち、狂犬病予防接種の証明に不備があるものが増えていると警告を発している。ロサンゼルス国際空港で行われた獣医師による抜き打ち検査でも、40%の子犬の書類で偽造が見られた。子犬はどれも生後8週間以内で、まだ歯も生えていなければ効果的な予防接種も受けられないほど幼かったという。

 リッチな人々にアクセサリー代わりに愛されるティーカップ犬の境遇は、セレブとは程遠いようだ。

From GlobalPost.com特約

[2014年7月15日号掲載]

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

ワールド

カナダ、新型コロナ死者最大2.2万人も 3月は10

ワールド

英中銀、市場機能不全時に政府に融資へ 新型コロナで

ビジネス

米FRB、地方政府と中小企業支援に2.3兆ドル 新

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    戦うべき敵は欧米コンプレックス

  • 7

    新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 9

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月