最新記事

企業

グーグルCEOは「いい人」すぎた?

アップルとのスマートフォン戦争を牽引してきたCEOエリック・シュミットの交代劇の真の要因

2011年1月24日(月)19時12分
ファーハッド・マンジョー

主役交代 10年間グーグルを率いたシュミット(右)に代わり、共同創業者のラリー・ページがCEOに就任 Mario Anzuoni-Reuters (left), Robert Galbraith-Reuters

 昨年3月の最後の金曜日、カリフォルニア州パロアルトのカフェで、アップルのスティーブ・ジョブズとグーグルのエリック・シュミットが小さなテーブルを挟んで話し込む姿が目撃された。

 その1年ほど前から、アップルとグーグルの仲が冷え込んでいたのは周知の事実。何とか溝を埋めようと両社のCEO(当時)がぎこちない努力をしている様子は、IT業界に衝撃を与えた。

 この一連のスクープ写真を掲載したテクノロジー情報ブログ「ギズモード」は、ボディランゲージの専門家に2人の姿勢を鑑定するよう依頼。その結果、2人とも居心地が悪そうだが、特に注目すべきはシュミットの仕草だという分析結果が出た。ジョブズに話しかける際、シュミットは上司に服従するかのように肩を丸めていた。これは犯罪者などが警官の前でよくみせる仕草でもあり、ジョブズを恐れている証だという。

 ボディランゲージの専門家でなくても、そう感じたかもしれない。シュミットはグーグルを世界一革新的な企業に育て上げた有能な経営者だが、派手なケンカは向いていないというのがもっぱらの評判。しかしグーグルはまさに今、スマートフォン市場でアップルと派手な戦いを繰り広げている。

 かつてアップルと争い市場を制したマイクロソフトのビル・ゲイツは、冷酷に徹することで数多くの争いを勝ち抜いてきた。彼は他社の発明を模倣し、自社の軍門に下らない企業を平気で握りつぶした。だが、シュミットにはそうした冷酷さはなく、ジョブズやゲイツとは違う「いい人」と評されてきた。

 昨年3月にニューヨーク・タイムズ紙がアップルとグーグルの亀裂を報じた際にも、ジョブズはコメントを出さなかったが、一方のシュミットは冷酷さや計算高さとは無縁の対応をした。彼は「スティーブ・ジョブズは世界一のCEOだと今も思っている。アップルとスティーブを心から尊敬している」と語った。

 そのジョブズの休職が伝えられたわずか3日後の1月20日、今度はシュミットがCEOを退任し、会長職に退くことが発表された。後任のCEOは共同創業者のラリー・ページ。10年間グーグルを引っ張ってきたシュミットの交代劇は、彼がいい人すぎたからなのだろうか。

スマートフォン戦争を越えた壮大なビジョン

 グーグルがIT業界で今の地位に上り詰めたのは、どの企業よりも優秀な頭脳を有していたからだ。同社のサーチエンジンは英知の結晶であって、冷酷な戦略の産物ではない。

 シュミットは、コンピュータの未来はモバイルにあり、携帯電話をはじめとする小型機器がネット接続(とグーグルへのアクセス)の主流となると信じていた。だとすれば、モバイルコンピューティング戦争でアップルに敗れれば、グーグルは厳しい立場に追いやられるだろう。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア、NATO核配備巡る発言批判 「緊張拡大」

ワールド

ロシア軍、ウクライナ中部ポルタワ州を攻撃 22人負

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中