最新記事

企業

グーグルCEOは「いい人」すぎた?

The Nicest Guy in Tech

2011年1月24日(月)19時12分
ファーハッド・マンジョー

 もっとも、アップル対グーグルの「戦争」で面白いのは、戦意がちぐはぐなところ。ジョブズは社員に対して「グーグルはiPhoneを抹殺しようとしているが、そうはさせない」とはっぱをかけていた。さらに「悪魔に身を落とすな」というグーグルのスローガンを「戯言」だと切り捨てた。

 一方、グーグル側から聞こえてくるのは、アップルを友好的なライバルとみなす発言がほとんどだ。その理由は、グーグルのほうがより長期的で壮大なゲームに挑んでいるから。シュミットは、単に携帯電話市場にとどまらない野心的な目標を持っていた。

 シュミットはそうした大きなビジョンを隠そうとしなかった。彼が何かを語るとき、その姿はビジネスマンというより大学教授のようだった。アメリカ経済が未曾有の危機に陥り、議会が7000億ドル相当の救済計画を可決しようとしていた08年10月にも、シュミットはグーグルの再生可能エネルギーへの移行計画をアピールし、「あらゆる問題を一気に解決できる」と訴えていた。経済危機で自社の収益が減ることなど眼中にない様子だった。

オープンソースへの揺るがない信念

 他社のトップらと一線を画すシュミットの個性は、そのままグーグルの個性を形作ってきた。高い技術とオープンソースが勝つという彼の信念は揺らぐことがなかった。

 アップル製品は人気が高いが、グーグル側に言わせればアップストアでしかアプリを購入できないシステムや、iPhoneやiPadのインターフェイスを隅々まで管理しようとするアップルの手法は、長期的に持続できるビジネスモデルではない。

 もっとも、アップルのような囲い込み商法の未来は、グーグルが言うほど暗くないのかもしれない。一定の制約を受けることで安全と便利さを手に入れられる現状を消費者は歓迎しており、たとえiPhoneが永久にオープンソースにならなかったとしても、アップルが勝ち続ける可能性はある。

 IT界のライバル企業は、アップルが課す制約に激しい対抗手段を取ってきた。アマゾン・ドットコムは出版社に対して、iPadに電子書籍を配信しないよう強い圧力をかけた。

 しかしグーグルはiPhoneやiPad、マックの標準ブラウザ「サファリ」での自社サービスの使用を制限するとは思えない。そうした戦略は不安の表れであり、自分たちは自信に満ちている----グーグル陣営はそう考えているようだ。

 シュミットは、グーグルの優秀な社員たちならアップルから飛んでくる障害物を乗り越えられると信じてきた。さらにCEO退任が発表された際には、「ラリー・ページが率いる次の10年は、さらに素晴らしい時代になると確信している」とコメントした。

 シュミットはどこまでも「いい人」であり、同時にジョブズに劣らず優れた経営者だった。

Slate.com特約

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にしたリスク管理と「ダサい」デザイン

  • 4

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 7

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月