最新記事

アメリカ社会

反ウォール街デモを「予見」していた新刊

ネットメディアの「女王」、アリアナ・ハフィントンがつづった警鐘と希望の書がついに邦訳

2011年10月24日(月)18時42分

崖っぷち アメリカの第三世界化を食い止めるには、自ら声を上げるべきだとハフィントンは言う(ニューヨークの反格差社会デモ、10月17日) Shannon Stapleton-Reuters

「ウォール街を占拠せよ!」。広がる一方の経済格差、改善しない雇用情勢。そんな状況のなかで噴き出した反格差社会デモは、発生から2カ月目に突入した。ニューヨークを震源地として世界80カ国以上に飛び火し、勢いが衰える気配はなお見えない。

 この混乱を1年以上前に予見していたともいえる本の邦訳が、このほど出版された。アリアナ・ハフィントンが書いた『誰が中流を殺すのか アメリカが第三世界に墜ちる日』(森田浩之訳、阪急コミュニケーションズ刊)である。急成長を遂げたネットメディア「ハフィントン・ポスト」の編集責任者を務める彼女は、アメリカは「第三世界」に転落する崖っぷちにいると、強烈な警告を発している。

 ハフィントンのいう第三世界とは、富める者とそれ以外の国民しかいない国、すなわち中流層が消え去った国だ。

「アメリカの中流層は、かつてのリーマン・ブラザーズと同じ道を歩もうとしている」と、彼女は書いている。中流層はアメリカを支える「背骨」のような存在だ。ところが、拡大するばかりの社会格差と、とどまるところを知らない政財界の癒着によって、中流という階級そのものがアメリカから消えようとしているという。

 だから声をあげるべきだと、「ネットメディアの女王」の異名をとるハフィントンは本書に書いた。その声は今、世界を覆う空前絶後のデモという形で現実のものになった。しかし、彼女のメッセージはそれだけではない。本当の解決策をもたらせるのは私たちの指導者ではなく、指導者を動かす私たちのはずなのだ......。

 アメリカと世界の現状に警鐘を鳴らし、同時に新たな可能性を見いだそうとする新刊の核心部分を抜粋で紹介する。

* * * * *

「第三世界アメリカ」

 ざらりとした嫌な響きの言葉だ。アメリカ人がこの国について抱いている「地球上で最も偉大な国」というイメージの対極にある。アメリカは最も豊かで、最も力強い国ではなかったか。最も寛容で、最も気高い国ではないのか。

 だとすれば、「第三世界アメリカ」という言葉は何を意味するのだろう。

 私にとってこの言葉は警告だ。訪れてはならない未来の姿だ。このフレーズは「アメリカン・ドリーム(アメリカの夢)」の裏面を示している。私たち自身がつくり出す「アメリカン・ナイトメア(アメリカの悪夢)」だ。

 いま軌道を修正しなければ、この国の輝かしい歴史に反して、アメリカは本当に第三世界の国になりかねない。

 そこには階級が二つしかない。富める者とその他大勢だ。歴史に取り残された場所。外敵ではなく、国内企業の強欲と政治指導者の無視に蹂躙された場所。それが第三世界だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

経済の道行きに変更「想定せず」、官房長官 定額減税

ビジネス

米イーライリリー、インディアナ新工場に53億ドル追

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米政府、豪ビクトリア州から鳥類輸入禁止 鳥インフル
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中