注目のキーワード

最新記事

BOOKS

ディズニーキャストが明かす、裏方だけが知っている話

2022年2月25日(金)10時45分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<「夢の国」の「心温まるエピソード」に違和感を抱いていた清掃スタッフ経験者が、大胆な一冊を出版した>

よくもまあ、こういう大胆な本を書けたものだな――。

それが、『ディズニーキャストざわざわ日記――"夢の国"にも☓☓☓☓ご指示のとおり掃除します』(笠原一郎・著、フォレスト出版)を手に取った時点での、偽らざる第一印象だった。

なぜならタイトルからも想像がつくとおり、これは東京ディズニーランドの清掃業務に携わってきた人物が、その仕事の真実を明らかにした体験記だからである。

ディズニーランドといえば、「夢の国」としての価値を守るべく"裏側"の話など決して明かされないことで有名だ。そもそも、"裏側"などないというスタンスを貫いていると言ってもいい。

何があっても「夢の国だから」と押し通す姿勢は確かに見事で、だからこそあのような在り方が維持されているのだろうと私も感じていた。

だが本書では、カストーディアルキャスト(主にパークの清掃業務を担当するキャスト)としての視点を軸に、これまで明かされることのなかった事柄が赤裸々につづられているのである。

それはある意味で"夢の崩壊"を意味するのかもしれないが、著者は数ある他のディズニー本に書かれている「心温まるエピソード」のたぐいに違和感を抱いてきたというのだ。

キャストも人間である以上、非常識なゲスト(来園者)に怒りを覚えることもあるはずだ。しかし、「心温まるエピソード」ばかりの本には「ありのまま」の姿が描かれていない。ある意味でそれは当然のことでもあるのだが、働く側からすると、納得がいかない部分もあったのだろう。


 ある本の巻末に、
「本書は筆者自らの経験および取材による実話に基づいて創作された物語であり、実在の人物・団体とは関係がありません」
 と小さな字で書いてあるのを見つけた。
 創作された物語ならばこれは小説であって、もうなんでもありだ。
 私が本書をつづろうと思ったのは、これらのディズニー本に対する違和感が一因だ。
 本書は、そうした模範回答的なディズニーランド像に対する現場からの実態報告でもある。そして、本書にあるのは決して「創作された物語」などではなく、すべて私が実際に体験したことである。(「まえがき――ディズニーランド、「ありのまま」の姿」より)

つまり、批判や中傷をすることが目的ではない。実際に、現場で見たまま、感じたままを記しただけだ。また読み進めてみれば、その根底に東京ディズニーランドへの深い理解、一緒に働く人たちへの共感が満ちていることが分かる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

人民元の対ドル基準値、約2年ぶり元安水準に ドル高

ワールド

英首相候補トラス氏、経済復活が使命と表明 減税など

ビジネス

チリの第2四半期、前年比+5.4% 景気後退懸念が

ワールド

米当局、テスラに車内カメラの情報求める オートパイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 3

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 4

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 5

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 8

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 9

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 10

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 10

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【写真】石を使って自慰をするサル

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月