最新記事

BTSが変えた世界

熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

CRAZY IN LOVE

2020年11月27日(金)15時35分
デイヴィッド・ピース(作家)

娘が熱中するBTS関連グッズの数々 COURTESY DAVID PEACE

<日本在住の作家デイヴィッド・ピースが、娘のBTS愛は「異次元の愛」だと気付かされた理由。娘よ、愛する才能を失うことなかれ──。本誌「BTSが変えた世界」特集より>

アンパンマン、スポンジ・ボブ、『オシャレ魔女♥ラブandベリー』、ジャクリーン・ウィルソンの児童文学、ワン・ダイレクションとメンバーのゼイン・マリク、ノルウェーのドラマ『スカム』、ティモシー・シャラメ、ファイブ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)......。
20201201issue_cover200.jpg
生まれてから20歳になるまでの私の娘の人生はさまざまな意味で、情熱の対象という章、それも大抵はごく短い数々の章から読み解ける。娘の情熱は激しく燃え、スポンジ・ボブのペンケースやゼイン・マリクのマグ、私のクレジットカード利用明細に記された5SOS日本公式ファンクラブの会費支払いなど、思い出のかけらを残して消えていった。

娘がBTS(防弾少年団)の話をし始めたときは、これまでと同じだろうと思っていた。だがたちまち、これは異次元の愛だと気付かされた。

まず、BTSに夢中になるのは、アルバム発表とツアーを中心とする大半のバンドの場合よりずっと包括的な体験らしい。

娘が足を踏み入れたのは、テレビ番組やオンライン番組、映画や書籍で構成される1つの世界だ。その全てをARMY(アーミー)と呼ばれる世界中の膨大な数のBTSファンが分かち合い、ソーシャルメディアで語り合っている。BTSについて質問すると、娘が「私」ではなく「私たち」と答えがちなことに、私はすぐに気付いた。

さらに、5SOSのファンだった頃、娘は彼らの出身地のシドニーに行きたいとか、カンガルーバーガーを食べたいとは言わなかった。ところが今や、ソウル旅行を計画し、韓国ドラマを観賞し、韓国語を学び、新大久保でサムギョプサルやチャミスルを味わっている。夢は韓国に留学して、韓国語を習得することだ。

もちろん53歳の父親にしてみれば、シニカルに嘲笑するのは簡単だ。いささか警戒し、不安になることさえも。だが、これは本当に奇妙なのか。

私自身の人生もいわば、情熱という章の積み重ねだった。それも大半は妄想交じりのものだ。私は本当にヨークシャーの街中で、鹿撃ち帽姿でパイプをくわえていたのか。ジョイ・ディビジョンやザ・スミスの音楽への情熱が理由で、マンチェスター大学へ進学したのは確かだ。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンが好きなあまり、ベルリン移住を夢見たこともある。ジェームズ・エルロイのノワール(暗黒)小説への執着は私の最初の作品の源になった。

ニュース速報

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

ビジネス

アングル:米金融業界、富裕層増税ならニューヨーク離

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月