最新記事

人生を変えた55冊

太田光を変えた5冊──藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり

2020年8月5日(水)16時30分
小暮聡子(本誌記者)

太宰の世界にも私小説から入っていったが、読み進めていくうちに、太宰の別のジャンルに目覚めていく。

「太宰治には2つの路線があって、生まれてすみません(『二十世紀旗手』)というように悩みを延々と書き連ねているものと、全くのフィクション、創作ものがある。読んでいくうちにフィクションのほうが面白いって思うようになるんだよね。

太宰が得意なのは、パロディーなんですよ。『新ハムレット』はハムレットのパロディーで、『お伽草紙』ではカチカチ山や舌切り雀、浦島太郎などをパロディーとして書き直している。『右大臣実朝』もパロディー路線というか、源実朝が暗殺されたことを書いた歴史書の『吾妻鑑』を現代語訳して、どういう背景があってこの人が暗殺されたのかを物語としてすごく引き込む感じで書いている。


『右大臣実朝』(太宰治全集)
 太宰 治[著]
 筑摩書房ほか

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

最初に原文が載っていて、その後に太宰の言葉で物語化して、っていうのが繰り返される。すぅごい面白いって思った。自分も読書に慣れてきて、太宰治を知った上で島崎藤村を振り返ると、太宰のほうがずっとサービス精神旺盛だし、エンターテインメントだし、面白い。なおかつ、太宰の作品の中でも、私小説よりも物語のほうが上手いと思うようになる。文章のテクニックも本当にすごいから、太宰治の本当はこっちなんじゃないかなと。

太宰は最後、『グッド・バイ』っていう書きかけの小説を残して死んじゃうんだけど、あの作品はまさに自分のパロディーを書いていた。もうこんな自分はいらない、と生まれ変わろうとして、過去の女とかにグッド・バイを言いに行くという話で、コメディーなんだよね。あれがもし完成していたら、太宰治が死なずに生きていたら、もっと面白い名作が生まれたんじゃないか。高校生のときに太宰は相当読んだけど、1冊挙げるとしたら、やっぱり『右大臣実朝』だな」

今では『マボロシの鳥』(新潮社、2010年)や『文明の子』(ダイヤモンド社、2012年)といった小説も発表し、文筆家としても活動する太田だが、高校生のときに既に自分でも書いてみたいという思いはあったのだろうか。そう聞いてみたところ、「高校生のときは映画監督になりたかった」そうだ。

「小説を書くというのは敷居が高かったんだけど、創作できる人に対するあこがれがあった。そのころ俺はチャップリンにはまっていて、彼は自分で脚本も書いて主人公を演じて音楽や美術までやる人ですから。すごいな~と思っていたので、なんとか自分も人を笑わせるようなストーリーが書けないかなとは思っていた。作る人になりたい、と。

高校に入ってすぐの頃から自分で脚本を書いたり、漫画を描いたりしていた。コメディーを書こうとしていたんだけどそのときはやっぱりまだ難しくて。『宇宙戦艦ヤマト』からかなり影響を受けていて、似たような漫画を描いていた。宇宙が狭くなるっていう話。すんごいスケールで書きたいって思ってね。宇宙戦艦ヤマトは別の星の人が攻めてくるという話だけど、俺はそれを超えなきゃいけないと思っていた。松本零士を超えなきゃって。で、宇宙全体が狭くなる、これは大変な危機だ!と」

【関連記事】大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を変えた5冊の本」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

WHO、モデルナ製ワクチン使用推奨 迅速な緊急承認

ビジネス

米GE、第4四半期はキャッシュフロー大幅増 21年

ワールド

モデルナ、3月末までに米政府にワクチン約1億回分供

ワールド

WHO、自宅コロナ治療で新提言 血中酸素濃度測定な

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月