最新記事

インタビュー

爆笑問題・太田光が語る六代目神田伯山「いずれ人間国宝に」「若い子も感動していた」

2020年2月21日(金)15時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真・橘 蓮二(『Pen BOOKS 1冊まるごと、松之丞改め六代目神田伯山』より)

<稀代の講談師・神田松之丞が六代目神田伯山を襲名。親交が深く、早くから注目してきた漫才師・タレントの太田光が、その「すごさ」を独占インタビューで語った>

神田松之丞から、六代目神田伯山へ――。2020年2月11日、人気・実力を兼ね備え、講談界を飛び出してテレビやラジオでも活躍してきた神田松之丞が真打に昇進した。

そんな稀代の講談師に早くから注目してきた1人が、漫才師・タレントの太田光(爆笑問題)だ。15日には、新宿末廣亭の六代目神田伯山真打昇進襲名披露興行に参加。口上も述べた。18日には、太田のラジオ番組『JUNK爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)に伯山が生出演し、爆笑問題の2人とトークを繰り広げている。
penbooks20200212kanda-booktop.jpg
このたび刊行された『Pen BOOKS 1冊まるごと、松之丞改め六代目神田伯山』(ペンブックス編集部・編、CCCメディアハウス)は、これまでの神田松之丞と、これからの六代目神田伯山のすべてがわかる1冊。同書では、放送作家の高田文夫、映画プロデューサーの鈴木敏夫(スタジオジブリ)らと共に、太田も松之丞改め六代目神田伯山の魅力を語っている。

同書から抜粋するシリーズの最終回である今回は、太田光のインタビュー「さらにうまくなれば、すごい怪物になる。」から一部抜粋して掲載する。

●抜粋第1回:六代目神田伯山が松之丞時代に語る 「二ツ目でメディアに出たのは意外と悪くなかった」
●抜粋第2回:松之丞改め六代目神田伯山の活躍まで、講談は低迷していた

◇ ◇ ◇

聞き手・九龍ジョー 構成・編集部

――Pen+『1冊まるごと、神田松之丞』では、タイミングが合わずお話を聞けなかったので、今回の書籍化ではぜひ、と思いまして。

太田 こんなとこ出てくるの、高田先生と俺しかいないでしょ(笑)

――松之丞さんも芸能界の後ろ盾は高田先生と太田のオジキだけだと常々言ってますね(笑)。出会った頃に、『慶安太平記』の音源を貸してほしいというやりとりがあったそうですが。

太田 『慶安太平記』を全部できるっていうからさ。俺は談志師匠の『慶安太平記』が大好きで、そこから講談をいろいろ聴いてたんだけど、講談って音源が少ないじゃないですか? だからもっと聴きたいと思って、貸してくれって言ったんですよ。そしたら発売してるCDを寄越しやがって(笑)

――「宇都谷峠」と「箱根の惨劇」が収録されているCDですね。

太田 そう。そこは談志で聴いてるからいいんだよ。そうじゃなくて、俺は音源化されていない部分を聴きたいんですよ。だから吹き込んでくれって言ったら、「それはちょっと勘弁してください」って(笑)

――松之丞さんもある程度完成した芸で聴いてほしかったんじゃないですか。

太田 いや、こっちは別に芸を求めてるんじゃなくて、全体の筋を知りたいだけだから。テレビでさ、「松之丞がうまいって言うけど、談志の『慶安太平記』をみなさん聴いてみてください、CD出てますから」って言ったら、「それだけは言わないでください」だって(笑)

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月