最新記事

インタビュー

爆笑問題・太田光が語る六代目神田伯山「いずれ人間国宝に」「若い子も感動していた」

2020年2月21日(金)15時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

――最初に松之丞さんの講談をお聴きになった時の印象はどうでしたか。

太田 YouTubeに上がってるのとかで聴いたのかな。うまいと思いましたよ。講談って面白いんだけど、なかなか若手の男の講談師が出てこないなとも思ってて。だから松之丞を見たときは楽しみだなって思った。この先、伝統芸能の世界で、いずれは人間国宝になるような器だと思うし。講談を聴きたい人間にとっては、そういう人が出てきたのはうれしいかぎりだよね。

――松之丞さんは演芸の世界を志した原点として、常に談志体験を語っています。ただ、高座を観ることはできましたが、実際に会って話すことはなかったとのことです。生前、談志師匠とも深く交流のあった太田さんから見て、通じるところを感じることはありますか。

太田 まあ、DNAはあるんでしょうね。いま松之丞ってどのくらいの数の講談ができるんですか。

――150席は持っていると思います。

太田 そんなにできるの。それは凄いって思うよね。そこまで自分のものにするのは。俺はそんなの面倒くさくてやってらんないもん。漫才もやり捨てだから、こっちは(笑)

――最近、松之丞さんの生の高座を観られたことは?

太田 うちのライブに出てもらった時だね。

――タイタンライブでやった『中村仲蔵』ですね。観客の評判もかなりよかったですね。

太田 たっぷりやったからね。40分だっけ。見事だった。さんざん場末だなんだって言われたけどさ(笑)。でも、文句言えないよ。だって、あいつが出ることで、ビックリするぐらいチケットの売れ行きが違ったから。

――結果として、二の線の芸がお笑いのライブの中に入ると、すごく映えると思いました。

太田 うん、『中村仲蔵』をあれだけ魅せるのは凄いよ。ホント素晴らしかった。立川談志ですら、若い女の子は食いつかなかったわけじゃないですか。俺はそれをわからせたくて談志師匠とDVDを作ったことがあって。絶対この芸を観りゃ、女子高生でも談志の凄さはわかるだろうと思ったんだよ。

――『笑う超人』ですね。

太田 あれでも通じないというか、通じる云々の前に、まず観てもらえないからね。それが、うちのライブで若い子が松之丞の『中村仲蔵』に感動してましたからね。

――タイタンライブのあと、SNSに「中村仲蔵で泣いた」とか「圧倒された」と書かれているのを見て、時代が変わったなと思いました。

太田 単純にうれしいよね。ああ、やっぱりわかってはもらえるんだって。できれば、それをきっかけにさらに先にまで行ってほしいけど。でも、そういうのもタイミングがあるんだろうね。歌舞伎なんかも若い子に人気あるし。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:本格利下げ観測、主要各国で消滅 市場の期

ビジネス

JPXがTOPIXの定期入れ替え実施へ 銘柄120

ビジネス

中国「618」セール盛り上がり欠く、期間延長も財布

ワールド

中国の自動車メーカー、EU車への報復関税要請=環球
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中