最新記事

映画

泥沼の離婚劇『マリッジ・ストーリー』にスター俳優2人が命を吹き込む

Superb Performances in Divorce Drama

2019年12月18日(水)16時40分
デーナ・スティーブンズ

ニコールとチャーリーはお似合いの夫婦だと思われたが…… WILSON WEBB

<スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの迫真の演技が光るバームバック監督の新作>

ノア・バームバック監督の最新作『マリッジ・ストーリー』の冒頭で、ニューヨークに住むニコール(スカーレット・ヨハンソン)とチャーリー(アダム・ドライバー)の夫婦は、相手の愛すべき点を次々と挙げる。

ニコールはプレゼント選びの天才だと、チャーリーは言う。スクリーンにはブルックリンのアパートで、チャーリーがもらったばかりのトランペットを思い切り吹いてみて、ニコールがうれしそうに笑う姿が映し出される。

8歳の息子ヘンリーと遊ぶとき、ニコールは地面にはいつくばって本気で遊ぶ。子煩悩だが、どこかマイペースなところがあるチャーリーにはできない遊び方だ。

ニコールは、チャーリーが一番好きな女優でもある。彼が舞台監督を務める現代版『エレクトラ』のリハーサルで、ニコールは主人公を演じつつ、チャーリーの演出に真剣に耳を傾け、その難しい注文に応えようとする。

2人は小さいながらも高い評価を得ている劇団の共同運営者だ。チャーリーは厳しい舞台監督である一方、キャストやスタッフにとっては面倒見のいい兄貴のような存在だ。

チャーリーは料理上手で、てきぱき家事をこなし、よき父親で、こざっぱりした着こなしができる。「一緒にいて恥ずかしくなる格好をすることはない」と、ニコールは愛情に満ちた様子で言う。「それって男性では珍しい」

やがて、この心温まる導入部は、現在の2人の気持ちとは正反対であることが明らかになる。2人は「離婚手続きを友好的にスタートさせるために」というカウンセラーの勧めで、相手と恋に落ちた理由を書き出していたのだ。

だが、ニコールはそのリストを読み上げることを拒否。夫とカウンセラーの説得に腹を立てて、部屋を出て行ってしまう。リストには夫婦が失ったもの──2人で築き上げ、ここから少しずつ壊していかなければならない家庭生活の姿が記されていた。

離婚産業に翻弄されて

バームバックは2005年の『イカとクジラ』以来、自伝的要素の強い作品を相次いで発表してきた。『イカとクジラ』は両親の離婚を子供(つまりバームバック)の視点から描いた作品だったが、『マリッジ・ストーリー』は彼と女優ジェニファー・ジェイソン・リーとの離婚を題材にしているようだ。

リーはバームバックの作品で重要な役を演じたり、原作を共同で執筆したりと、妻であると同時に、クリエーティブなパートナーでもあった。息子がいる点も、チャーリーとニコールの夫妻と同じだ。

リーが離婚のことや、その後のバームバックと女優グレタ・ガーウィグの関係について言及することはめったにない。ただ2016年に、バームバックとは息子の「共同親権者としてうまくやっている」とだけ語っている。

ニュース速報

ワールド

米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ大統領

ワールド

米最高裁、ウィスコンシン州郵便投票の期限延長を認め

ビジネス

印フューチャー、事業売却中止なら清算手続き アマゾ

ビジネス

トランプ・バイデン両候補が激戦州ペンシルベニアで舌

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月