最新記事

映画

『イエスタデイ』が描いたビートルズなき世界

The Song, Not the Singer

2019年10月11日(金)19時50分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)

ミュージシャンのジャック(左)は数々の名曲を自作と称して大人気に ©UNIVERSAL PICTURES

<もしこの世からあの4人組の音楽が消えたら? 名演奏なしに名曲は生まれなかったという真実>

ご注意。ネタバレが嫌なら、これから先は読まないように。

『ラブ・アクチュアリー』などで知られるリチャード・カーティスが脚本を手掛けた映画『イエスタデイ』は、ビートルズが存在しない世界が舞台だ。だがその前提には、彼らの比類なき音楽性をめぐる伝説が今も広く認識されているとの考えがある。

主人公は売れないミュージシャンのジャック・マリク(ヒメーシュ・パテル)。ライブの後で交通事故に遭ったジャックが目覚めると、なんと自分以外は誰もビートルズを知らないらしい。友人たちを前に「イエスタデイ」を弾いてみせると、すごい曲を作ったと驚かれる。

ところが、ポップス史上に輝く名曲群を知るのは自分だけという特権を持っていても、耳を傾けてもらうのは難しいことを、ジャックはすぐに思い知る。

自分の新曲と称して自宅で両親に「レット・イット・ビー」を披露しても、地元のパプで「抱きしめたい」を演奏しても聴衆は無関心。売れないのは結局、俺に問題があるからかも。ジャックはそう考え始める。

しかし映画は、ジャックの間違いを証明しようとする。イギリスのシンガーソングライター、エド・シーラン(本人が出演)が「ジャックの曲」を知り、自身のツアーに共演者として招待。ジャックは「ポップス界のシェークスピア」と絶賛され、大スターの座はすぐそこに──。

だが実際のところ、ジャックは正しい。問題は彼なのだ。

ジャックのパフォーマンスは退屈で、全く心に響かない。本作の設定を知れば、ビートルズの曲は現代でもヒットするかという疑問が浮かぶ。だが問うべきはむしろ、ジャックの演奏でヒットすることがあり得るかどうかであり、筆者の耳で判断する限り答えは「絶対にノー」だ。

ビートルズのカバー曲がヒットした例は皆無に近い。あの珠玉の音楽をビートルズ以外が演奏・録音したらどれほどひどいものになるか、ネットで検索すればすぐ分かる。

ビートルズは単なるソングライター集団ではなかった。優れた演奏者にして音の革新者であり、だからこそライブ活動を中止してレコード制作に専念した。

無名で幸せそうなレノン

一方、ジャックは音作りについて何も考えてないらしい。その点は『イエスタデイ』という映画自体も同じだ。

本作によれば、音楽とはギターを持った男たちが音程補正ソフトなしに作るもの。ジャックの友人エリー(リリー・ジェームズ)を除けば、女性のミュージシャンは一切登場せず、ラップなど存在しないも同然だ。

ニュース速報

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

ビジネス

LVMHのティファニー買収、必要な認可全て取得 訴

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

ワールド

来週北京など訪問、経済活性化計画を協議=香港行政長

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月