最新記事

とっておきの世界旅50選

次の休暇はイタリアのカモーリへ? Newsweekが選ぶ「穴場」の旅50選

2019年7月9日(火)12時55分
ニューズウィーク日本版編集部

イタリアの港町カモーリ(リグーリア州) JULOF90/ISTOCKPHOTO

<有名でなくてもとっておきの時間が過ごせる場所や、テーマ性のある旅がトレンドになっている。エコで豪華なホテルや沈船ダイビング、ニューヨークの書店めぐり、倫理的なゾウの保護区......。いざ定番ではないあの場所へ>

人はなぜ旅をするのか。

遺跡や文化、食、自然と理由はさまざまだが、共通するのはそこにしかない体験。技術革新や情報網の発達であらゆることが瞬時に知られ、世界はこれまでになく身近に感じられるようになっている。それでも実際に足を運び、その土地の歴史や生活を肌で感じられる旅に代えられるものはない。

もちろん定番の観光地には時代を超えた、たくさんの魅力が詰まっている。でも旅のベテランにとっては、それほど有名ではなくてもとっておきの時間が過ごせる場所や、テーマ性のある旅こそがトレンドになりつつある。

例えば、イタリアのカモーリ(上写真)。ガイド本に載ることが少ないので、知らない人も多いかもしれないが、ビーチの散歩道にはジェラートやケーキの店が並び、それを見下ろすように家々がぎっしり立つ美しい港町だ。漁師たちの住居はおとぎ話のように幻想的で、外壁は色鮮やか。窓やレンガのだまし絵も駆使されている。高級リゾート地のポルトフィーノへは船ですぐ行けるし、ジェノバも近いという立地だが、このカモーリでのんびり過ごす旅はどうだろうか。
20190716issue_cover200.jpg
ニューズウィーク日本版は7月19日号の「とっておきの世界旅50選」特集(7月9日発売)で、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたいという人のために、世界の愛すべき旅先をたっぷり紹介する。

1年半かけてイタリア各地をドライブ旅行したというアメリカの作家・詩人、フランシス・メイズには、「観光大国」イタリアの知られざる小都市を選んでもらった。「それこそ人生を10回生きても、『イタリアを知り尽くした』とは言えないだろう」と言うメイズがお勧めするのは、冒頭のカモーリを含む以下の10カ所だ。

・カモーリ(リグーリア州)
・サンタディ(サルデーニャ州)
・トベル湖(トレンティノ・アルトアディジェ州)
・ジェノバ(リグーリア州)
・シクリ(シチリア州)
・パルマ(エミリア・ロマーニャ州)
・サンタンジェロインバード(マルケ州)
・トレント(トレンティノ・アルトアディジェ州)
・スペルロンガ(ラツィオ州)
・プティニャーノ(プーリア州)

国立公園だけでは分からない米ワイオミング州・モンタナ州の魅力

上質な休暇を楽しみつつも環境への配慮は忘れたくない――そんな旅人には、地球に優しい8つのリゾートを。バホスデルトロ(コスタリカ)のエルシレンシオ・ロッジ&スパや、グルガオン(インド)のITCグランドバーラト・グルガオン、モルディブのソネバフシなど、今や世界各地にエコフレンドリーな豪華ホテルがある。

magSR190709travel-2.jpg

ソネバフシでは砂浜でディナーを楽しみウミガメが泳ぐ海でシュノーケリング RICHARD WAITE

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月