最新記事

とっておきの世界旅50選

次の休暇はイタリアのカモーリへ? Newsweekが選ぶ「穴場」の旅50選

2019年7月9日(火)12時55分
ニューズウィーク日本版編集部

イタリアの港町カモーリ(リグーリア州) JULOF90/ISTOCKPHOTO

<有名でなくてもとっておきの時間が過ごせる場所や、テーマ性のある旅がトレンドになっている。エコで豪華なホテルや沈船ダイビング、ニューヨークの書店めぐり、倫理的なゾウの保護区......。いざ定番ではないあの場所へ>

人はなぜ旅をするのか。

遺跡や文化、食、自然と理由はさまざまだが、共通するのはそこにしかない体験。技術革新や情報網の発達であらゆることが瞬時に知られ、世界はこれまでになく身近に感じられるようになっている。それでも実際に足を運び、その土地の歴史や生活を肌で感じられる旅に代えられるものはない。

もちろん定番の観光地には時代を超えた、たくさんの魅力が詰まっている。でも旅のベテランにとっては、それほど有名ではなくてもとっておきの時間が過ごせる場所や、テーマ性のある旅こそがトレンドになりつつある。

例えば、イタリアのカモーリ(上写真)。ガイド本に載ることが少ないので、知らない人も多いかもしれないが、ビーチの散歩道にはジェラートやケーキの店が並び、それを見下ろすように家々がぎっしり立つ美しい港町だ。漁師たちの住居はおとぎ話のように幻想的で、外壁は色鮮やか。窓やレンガのだまし絵も駆使されている。高級リゾート地のポルトフィーノへは船ですぐ行けるし、ジェノバも近いという立地だが、このカモーリでのんびり過ごす旅はどうだろうか。
20190716issue_cover200.jpg
ニューズウィーク日本版は7月19日号の「とっておきの世界旅50選」特集(7月9日発売)で、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたいという人のために、世界の愛すべき旅先をたっぷり紹介する。

1年半かけてイタリア各地をドライブ旅行したというアメリカの作家・詩人、フランシス・メイズには、「観光大国」イタリアの知られざる小都市を選んでもらった。「それこそ人生を10回生きても、『イタリアを知り尽くした』とは言えないだろう」と言うメイズがお勧めするのは、冒頭のカモーリを含む以下の10カ所だ。

・カモーリ(リグーリア州)
・サンタディ(サルデーニャ州)
・トベル湖(トレンティノ・アルトアディジェ州)
・ジェノバ(リグーリア州)
・シクリ(シチリア州)
・パルマ(エミリア・ロマーニャ州)
・サンタンジェロインバード(マルケ州)
・トレント(トレンティノ・アルトアディジェ州)
・スペルロンガ(ラツィオ州)
・プティニャーノ(プーリア州)

国立公園だけでは分からない米ワイオミング州・モンタナ州の魅力

上質な休暇を楽しみつつも環境への配慮は忘れたくない――そんな旅人には、地球に優しい8つのリゾートを。バホスデルトロ(コスタリカ)のエルシレンシオ・ロッジ&スパや、グルガオン(インド)のITCグランドバーラト・グルガオン、モルディブのソネバフシなど、今や世界各地にエコフレンドリーな豪華ホテルがある。

magSR190709travel-2.jpg

ソネバフシでは砂浜でディナーを楽しみウミガメが泳ぐ海でシュノーケリング RICHARD WAITE

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月