最新記事

解剖学

モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

2019年3月16日(土)10時35分
原島広至

画像:Shutterstock.com

<解剖学は名画・彫刻に対する新たな洞察を与えてくれる。このレンブラント作『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』は、医学史的価値を持つ「乳がん(推定)を最初に描いた絵」だった>

絵画の鑑賞は、一つの謎解きである。なぜこの人物が描かれているのか、なぜこの姿勢なのか、なぜ背景にこれが描かれているのか、なぜ画中の人物の服はこの色なのか? 画家はそのキャンバスに様々な思いを込めて描くが、その解き明かしを言葉としてはあまり残していない。

それらを探るには、その絵のテーマの背景となっている人間関係や、歴史的な背景、また画家の生涯に関する情報などが助けになる。そして、時として「解剖学」に関する知識も、絵を分析するのに良い道具となる。

筆者は『名画と解剖学――『マダムX』にはなぜ鎖骨がないのか?』(CCCメディアハウス)で、解剖学から見なければ洞察しえなかった名画・彫刻に関する新たな着眼点を、豊富な図解によって説明した。この本の中から3つの話を取り上げ、3回に分けて掲載する。

【名画の謎を解く】
※第1回:北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った
※第3回:500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」

◇ ◇ ◇

レンブラント・ファン・レインは「光と影の魔術師」と呼ばれる17世紀を代表するオランダの画家。早くから肖像画家として名を馳せ、28歳のときにはオランダのレーワルデンの元市長の娘・サスキアと結婚し経済的にも恵まれた。

しかしサスキアは若くして結核で亡くなり、レンブラントの後半生は経済的に苦境に立たされ破産するも、生涯作品を残し続けた。

レンブラント作『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』(1654年)は、後にイスラエルの王ダビデの妻となる人物を描いたものである。

ダビデ王がある日の夕暮れ、宮殿の屋上を散歩していると、眼下のとある家の屋上で一人の女性が水浴をしているのを覗き見てしまう。彼女の名はバテシバ、ダビデの軍に属する兵士ヒッタイト人ウリヤの妻だった。ダビデはその美しい裸身に心を奪われ、宮殿に呼び出して関係を持つ。

やがてバテシバは妊娠し、発覚することを怖れたダビデは、夫のウリヤを危険な戦いの最前線に送り込み、ウリヤは交戦中に命を落とす。夫の喪が明けると、ダビデはバテシバを宮廷に呼び結婚した。ダビデの悪辣な目論みはうまくいったかに思えたが、預言者ナタンがダビデの行動を糾弾し、ダビデは罪を告白し悪行を悔いた。

この絵の背景には大きな柱や豪華な布があり、バテシバが王宮に呼ばれた場面であることが分かる。この絵のバテシバは実物大で描かれており、迫力のある大作だ。

バテシバは、ダビデの欲望の犠牲者であると同時に、その誘惑を退けきれなかった罪人でもある。その顔には困惑が現れており、焦点の定まらない虚ろな眼をしている。X 線の分析によると、バテシバの顔は何度も描き直され、顔の向きも仰ぎ見る角度からうつむき加減の角度に修正されていることが判明している。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

S&P5日ぶり反落、雇用統計控え利食い売り

ワールド

抗マラリア薬とコロナ患者死亡リスク巡る研究撤回、デ

ワールド

トランプ氏、選対顧問らと会合 景気低迷やデモが再選

ビジネス

アメリカン航空、7月に国内便を大幅増便 株価急騰

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月