最新記事

メンタルヘルス

怒りは自分を守る盾。「怒れない人」にこそ必要なアンガーマネジメントの極意

2022年7月13日(水)11時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Metamorworks-iStock.

<世間の「アンガーマネジメント」に対するイメージは間違い。怒れない人は、上手な怒り方を身につけたほうがいい>

「アンガーマネジメント」という言葉はすでに市民権を得ているが、怒りっぽい人に必要なもの、頭にすぐ血がのぼってしまう人が自分の怒りを抑えるためのもの、というイメージがある。それは大きな誤解だ。

日本アンガーマネジメント協会のウェブサイトには、こう書かれている。

「アンガーマネジメントは怒らないことを目指すものではありません。違いを受け入れ、人間関係を良くする心理トレーニングです」

つまり、「怒りと上手に付き合うメソッド」であり、一般的なイメージとは逆に、うまく怒れない人にも役立つものなのだ。

怒れないことが原因で、他人から軽んじられたり、仕事を押し付けられたり、約束を破られたり......と、損をしていると感じる人は多いのではないだろうか。

そんな悩みを抱える人のために、アンガーマネジメントの日本の第一人者である安藤俊介氏(日本アンガーマネジメント協会代表理事)が、かつてない本を出版した。『タイプ別 怒れない私のためのきちんと怒る練習帳』(CCCメディアハウス)だ。

怒れない人を6つのタイプに分類し、心の「モヤモヤ」を正しく理解できるように手ほどき。そして、「人と比べられたら」「マウントをとられたら」「すぐに謝っちゃうときは」など、34のケース別に「怒り方」の選択肢を提示してくれる。

安藤氏は言う。「怒りは、自分の大切なものを守るためにある感情」「上手な怒り方は、自分を守る盾になる」

本書から3回に分け、抜粋する(今回は第1回)。

◇ ◇ ◇

「怒れない人」にアンガーマネジメントは必要?

「自分はどちらかと言えばはっきりと怒れない方なのに、アンガーマネジメントが必要なの?」と思われるかもしれません。アンガーマネジメントを「怒らなくなるための方法」だと思っている人がいますが、それは誤解です。

アンガーマネジメントは、「怒る必要のあることには上手に怒り、怒る必要のないことには怒らなくて済むようになること」を目指すものです。1970年代にアメリカで生まれた、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングなのです。

「上手に付き合う」とは、「怒りの感情で後悔をしない」ことです。私たちは怒っても後悔しますし、怒らなくても後悔します。「怒って後悔」とは、あんな風に怒らなければよかったという後悔。「怒らなくて後悔」とは、やっぱりあの時怒っておけばよかったという後悔です。

怒ることが苦手なあなたは、怒れずに後悔をすることが多いのではないでしょうか。また、モヤモヤして「この気持ちをどうすればいいのだろう」と解決策を見つけられずにいるのではないでしょうか。もしそうであれば、怒りと上手に付き合えているとは言えませんので、アンガーマネジメントが必要です。

アンガーマネジメントに取り組んだ私は、アンガーマネジメントできることの一番のメリットは、自分と違うものへの受容度が上がることだと考えています。自分と違うものを受け入れられるようになると、どんな人の考え・意見を聞いても、そこに衝突や軋轢は生まれません。自分と違うことは悪いことではないですし、ましてや敵でもありません。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月