最新記事

英語学習

英会話習得の秘訣は「努力を続けること」、ではその「続ける」方法とは?

2020年1月15日(水)17時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

taa22-iStock.

<筋肉は裏切らないが、私たちは筋肉を裏切りがち――そんな創業者自身の筋トレ挫折経験と、脳科学を基に磨き上げたメソッドで、話題の英会話スクールがある。いかに努力を続けるか。大切なのは「小さな成功体験」だ>

「筋肉は裏切らない」というフレーズは、今やすっかり定着した。筋トレやダイエットなどの体づくりは、努力した分だけ必ず結果が付いてくるということを実践者のみならず、多くの人が感覚的に知っていたからだろう。

しかし残念ながら、筋肉は私たちを裏切らないかもしれないが、私たちのほうはすぐにそれを裏切りがちだ。つまり、努力をやめてしまう。

筋トレや学習の内容そのものより、「努力を続けること」が難しい

テレビ番組『マツコ会議』(日本テレビ系列)で「3カ月で話せる!? スパルタ英会話教室に潜入」として取り上げられ、注目を集めている英会話スクールがある。その名も「スパルタ英会話」。まだ規模は小さいものの、東京と大阪で計4教室(2019年10月現在)を展開し、「努力を継続させること」に力を注ぐ方針で他と一線を画するスクールだ。

創業者の小茂鳥雅史氏と同CEOの梅澤翔氏によれば、英語も筋肉同様、裏切らない――つまり、努力した分だけ結果が付いてくるのだという。2人の共著『スパルタ英会話――挫折せずに結果を出せる最速学習メソッド』(CCCメディハウス)では、彼ら自身の体験と脳科学を基に磨き上げられた、あきらめずに続けられる英会話習得メソッドが余すことなく語られている。


小茂鳥氏 私たちがメソッドとして教えているのは「効果的な学習方法」。提供しているのは、「やってみようという勇気」と「あきらめない力」をサポートする環境です。これらはスクールに通わなくても、個人でもじゅうぶん得られるものです。そんな独習者の助けになればと本を書きました。

book200115spartaenglish-2.jpg

スパルタ英会話創業者で株式会社We & 代表取締役の小茂鳥雅史氏

分かっていても、続かない。それが「努力」である。「努力を続けること」こそが、いちばん難しい。だから、体づくりの伴走者として「結果にコミットする」パーソナルトレーニングメソッドが一世を風靡したし、「努力を継続させる」スパルタ英会話の手法が、いま求められているのだろう。

実際、セレクトショップ大手のBEAMSなど、実践的な英会話力を必要としている数多くの有名企業が英会話研修に同スクールを採用している。

では、挫折をせずに継続して学習を続けるためには、具体的にどうすればいいのだろう。小茂鳥氏によると、その秘訣は「小さな成功体験」にあるという。


小茂鳥氏 学習を継続するためにいちばん大切に、そしていちばん意識してほしいのは「成功体験」です。私は学生時代、英語を勉強することが苦痛でした。でも、外資系のMUFGモルガンスタンレー証券に入社したので、英会話を習得しないわけにはいきませんでした。そのときに、英語が通じたという経験や、上達を実感できたという経験のおかげで、勉強することが楽しくなったんです。「成功体験」ですね。

ほんの小さな成功で構いません。それをたくさん重ねていくイメージです。いきなり大きな目標をクリアして大成功しようとすると失敗します。皆さんがつまずく原因です。著書では、目標のハードルを下げきるための方法も示しました。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ディズニーランド、早ければ4月再開も 米加州が規制

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 2

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    コロナ禍での「顧客データ危機」を回避せよ DX時代、オ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月