最新記事

キャリア

人生がうまくいかないとき、質問してはいけない相手は...

2018年9月13日(木)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

metamorworks-iStock.

<なぜ人生に満足できていないのか? 人生、このままでいいのか? 多くの人は他人に答えを求めるが、それではいけないと「質問家」の河田真誠氏は言う。自分自身の答えを引き出す質問のコツとは>

あなたは今の自分に「いいね!」ができるか?----そう問われて、躊躇なく「できる」と答えられる人はどれだけいるだろうか。

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険)が2017年に実施した「人生の満足度に関する調査」(回答2000人)によると、「これまでの人生に満足している」と答えた人は全体で43.7%、「満足していない」が23.8%、「どちらとも言えない」が32.7%だった。

4割強が満足しているのは悪くないようにも思えるが、その内訳は「やや満足している」が38.1%であり、「非常に満足している」と答えた人は全体のわずか5.6%に過ぎない。特に30代男性の満足度が低く、「非常に満足」は2.5%で、「やや満足」と合わせても3割に満たない。

冒頭の問いは河田真誠氏の新刊書籍に帯に書かれている惹句だが、まさに、人生に満足感を得られていない世の大半の人々に向けて投げかけられたものだと言える。本のタイトルは『人生、このままでいいの?――最高の未来をつくる11の質問』(CCCメディアハウス)。

他人の「いいね!」はヒント、答えは自分の中にしかない

なぜ人生に満足できていないのか。自分の人生には何が欠けているのか。人生、このままでいいのか......そうした疑問に対する何らかの答えを求めて本書をめくると、拍子抜けすることになる。なぜなら、この本には何ひとつ「答え」が書かれていないからだ。

著者の河田氏は、企業研修や学校での授業において、生き方や考え方、働き方といった人々の悩みや問題を、質問を通して解決に導く専門家で、その肩書きは、ずばり「質問家」。

世の多くの講師やコンサルタントが「こうするといい」という答えを与えることを仕事にしているのに対して、河田氏は「どうするといいと思うか?」と相手に問いかけることで、本人自身の答えを引き出していくという。

本書でも、「僕から何かを教えることはこの本でもしたくない」として、紹介される11の質問に答えていくことで、自分なりの気づきや学びを得てほしいと述べている。

満足のいく人生を送るには、そもそも自分の人生についてしっかり考える必要があるが、何をどこから考えればいいか分からない。そこで多くの人は、他人に答えを求める。だが結局のところ、「みんなの『いいね!』は、あなたの『いいね!』ではない」。ヒントにはなれど、答えは自分の中にしかない。

じゃあ、どうすればいいのか、どこから考えたらいいのか......という無限ループにはまりそうなところを引っ張り上げてくれるのが「質問」だ。

ニュース速報

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

ワールド

イラン、米と全ての捕虜交換の用意=ザリフ外相

ワールド

英総選挙支持率、保守党のリード6ポイントに縮小=I

ワールド

北朝鮮、トランプ氏発言をけん制 「金委員長が評価変

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月