最新記事

キャリア

人生がうまくいかないとき、質問してはいけない相手は...

2018年9月13日(木)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

metamorworks-iStock.

<なぜ人生に満足できていないのか? 人生、このままでいいのか? 多くの人は他人に答えを求めるが、それではいけないと「質問家」の河田真誠氏は言う。自分自身の答えを引き出す質問のコツとは>

あなたは今の自分に「いいね!」ができるか?----そう問われて、躊躇なく「できる」と答えられる人はどれだけいるだろうか。

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険)が2017年に実施した「人生の満足度に関する調査」(回答2000人)によると、「これまでの人生に満足している」と答えた人は全体で43.7%、「満足していない」が23.8%、「どちらとも言えない」が32.7%だった。

4割強が満足しているのは悪くないようにも思えるが、その内訳は「やや満足している」が38.1%であり、「非常に満足している」と答えた人は全体のわずか5.6%に過ぎない。特に30代男性の満足度が低く、「非常に満足」は2.5%で、「やや満足」と合わせても3割に満たない。

冒頭の問いは河田真誠氏の新刊書籍に帯に書かれている惹句だが、まさに、人生に満足感を得られていない世の大半の人々に向けて投げかけられたものだと言える。本のタイトルは『人生、このままでいいの?――最高の未来をつくる11の質問』(CCCメディアハウス)。

他人の「いいね!」はヒント、答えは自分の中にしかない

なぜ人生に満足できていないのか。自分の人生には何が欠けているのか。人生、このままでいいのか......そうした疑問に対する何らかの答えを求めて本書をめくると、拍子抜けすることになる。なぜなら、この本には何ひとつ「答え」が書かれていないからだ。

著者の河田氏は、企業研修や学校での授業において、生き方や考え方、働き方といった人々の悩みや問題を、質問を通して解決に導く専門家で、その肩書きは、ずばり「質問家」。

世の多くの講師やコンサルタントが「こうするといい」という答えを与えることを仕事にしているのに対して、河田氏は「どうするといいと思うか?」と相手に問いかけることで、本人自身の答えを引き出していくという。

本書でも、「僕から何かを教えることはこの本でもしたくない」として、紹介される11の質問に答えていくことで、自分なりの気づきや学びを得てほしいと述べている。

満足のいく人生を送るには、そもそも自分の人生についてしっかり考える必要があるが、何をどこから考えればいいか分からない。そこで多くの人は、他人に答えを求める。だが結局のところ、「みんなの『いいね!』は、あなたの『いいね!』ではない」。ヒントにはなれど、答えは自分の中にしかない。

じゃあ、どうすればいいのか、どこから考えたらいいのか......という無限ループにはまりそうなところを引っ張り上げてくれるのが「質問」だ。

ニュース速報

ワールド

米、中国の南シナ海での軍事行動に反対=ボルトン大統

ビジネス

三菱UFJ、2億株・1000億円を上限に自己株を取

ビジネス

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支え

ビジネス

ドル113円後半、円じり安 米中歩み寄りに期待

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が開発される

  • 4

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 5

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 8

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 9

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    安倍首相はよく耐えた!

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月