最新記事

数学

人間には簡単だが機械には苦手なこと、その力を育むものこそ「数学」だ

2021年11月18日(木)11時54分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
AIと囲碁

jxfzsy-iStock

<どれだけ科学が進歩しても機械が苦手とし、いまだ人間にかなわずにいる能力こそ、数学によって育まれる「抽象性」の力だった>

数学とは、見えないものを見ようとする試みである。大切であるけれども理解できないことをなんとかして理解しようとする試みである――これは、『見えないときに、見る力。 視点が変わる打開の思考法』(CCCメディアハウス)の、著者・谷川祐基氏の言葉だ。

前著『賢さをつくる 頭はよくなる。よくなりたければ。』(CCCメディアハウス)が好評の谷川氏によると「数学を学ぶ目的は抽象性を育てること」である。新刊『見えないときに、見る力。』では、「数学は問題解決能力である」とか「数学は論理的思考力を養う」といった、よく言われる数学という教科の存在意義に対して、新たな見解を投げかけた。

ではなぜ、抽象性を育てることがそんなに大事なのか? それは、この現実社会を生きていくうえで、ときに抽象性は論理を超えて人を動かし得るからだ。抽象性とは人を理解しようとするやさしさ、つまり、人が人たる能力につながるからだ。

人の仕事を奪うという文脈で取り上げられることが多いAIについても、抽象化力において人間を超えるレベルには達していない。『見えないときに、見る力』の内容を2回にわたって抜粋紹介する連載の後半では、AIと人の関係について紹介する。

連載第1回:算数嫌いな人たちに共通する「苦手な単元」にこそ、数学の神髄があった

◇ ◇ ◇

「AIなんかに負けへんで! と思ったら、抽象化力や」

――具体化のコンピュータと抽象化のAI


ピタゴラス(以下「ピ」): 最近、AIちゅうのが話題になっとるやろ?

環太(以下「環」): 技術の進歩は基本的に望ましいと思うんですけど、「AIに仕事が奪われる!」とか、「子どもの学力がAIに負ける!」とかネガティブにも語られますね。

ピ: ところで、AIの定義って、いったい何や? ただのコンピュータ・プログラムとAIの違いってなんやねん?

環: AIとはArtificial Intelligenceの略。日本語に訳せば「人工知能」ですけど、指し示すものの幅が広すぎて、しっかりした定義は難しいですよね......。将棋のプログラムもAIだし、ドラえもんや鉄腕アトムみたいな、会話ができるロボットをイメージする人もいます。ドラえもんみたいなAIは、まだできていないですね。

ピ: それを、わしがズドンと定義してやろうちゅうわけや。AIとは何なのか、スッキリわかるで。かっこいいやろ?

環: でも、AIって数学とあんまり関係なくないですか?

ピ: それが関係あるんやな~。

̶ ピタゴラスは、またいつものニヤニヤ顔をしている。

『見えないときに、見る力。
 視点が変わる打開の思考法』

 谷川 祐基 (著)
 CCCメディアハウス
(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

23─24年度のインド原油輸入、2億3250万トン

ワールド

欧州委、数日内にドイツを提訴へ ガス代金の賦課金巡

ワールド

日米との関係強化は「主権国家の選択」、フィリピンが

ビジネス

韓国ウォン上昇、当局者が過度な変動けん制
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中