最新記事

日本経済

政府、景気判断を大幅下方修正「新型コロナウイルスにより厳しい状況」 「回復」6年9カ月ぶり削除

2020年3月26日(木)18時19分

政府は26日、3月の月例経済報告で景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により足元で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」とし、大幅に下方修正した。写真は大阪の道頓堀。3月14日撮影(2020年 ロイター/Edgard Garrido)

政府は26日、3月の月例経済報告で景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により足元で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」とし、大幅に下方修正した。各国の感染拡大防止策を受けた経済活動の収縮を反映。2013年7月以来6年9カ月ぶりに「回復」の文言が削除され、安倍政権の金看板ともいえる景気回復が途切れた格好だ。

項目別では全14項目のうち7つを下方修正。「消費」や「設備投資」などのほか、政権が景気回復の証としてきた「雇用」も判断を引き下げた。7項目もの下方修正は、個別項目の景気判断を公表し始めた01年2月以来初めて。

2月の景気判断は「輸出が弱含む中で、製造業を中心に弱さが一段増した状態が続いているものの、緩やかに回復している」だった。

リーマンと震災合わせた影響の可能性


内閣府の2月景気ウオッチャー調査では、判断指数は現状・先行きともに東日本大震災時やリーマン・ショック時の水準近くまで急低下した。

内閣府幹部は今回の、新型コロナウイルスの感染拡大に起因する経済的ショックについて「震災とリーマンを合わせた大きさになるかもしれない」と指摘している。

先行きについても「感染症の影響による厳しい状況が続く」とし、「感染症が内外経済をさらに下振れさせるリスクに十分注意する必要がある」と指摘。また、株価暴落を受けて「金融資本市場の変動などの影響を注視する必要がある」と警戒感を示した。

求人が急減、雇用環境の悪化は不可避


政府は昨年以降、生産・輸出の悪化が続いても、人手不足を背景にした良好な雇用環境をベースに景気は緩やかな回復を続けていると強調してきた。

しかし、今回の報告では、経済の急激な収縮により雇用環境の悪化は不可避と判断した。ハローワークの有効求人数は昨年10月以降、前年割れが続いているが、その減少幅が1月の7.3%から、2月12.4%、3月16.1%と急拡大している点を懸念している。「雇用情勢」の判断は、2月の「改善している」から「改善してきたが、感染症の影響がみられる」に下方修正した。

他の項目では、「個人消費」を「持ち直している」から「感染症の影響により、このところ弱い動きとなっている」に引き下げた。3月上旬に各新幹線の利用者数が前年比5割程度減少したことや、沖縄・九州・近畿・南関東・北海道の宿泊施設の稼働率が5割程度減少しこと、パブ・居酒屋、百貨店の売り上げ減少などを反映させた。

「設備投資」は「おおむね横ばい」とし、2月時点での「緩やかな増加傾向にあるものの、一部に弱さがみられる」から引き下げた。構築物投資の減少などを反映した。

「輸入」は、中国からの部品供給の減少を踏まえ、「弱含んでいる」から「減少している」に引き下げた。

「企業収益」は「製造業を中心に弱含んでいる」と判断し、2月時点での「高い水準にあるものの」との文言を切り取った。東京商工リサーチの調査で、2月の売上高が7割の企業で前年割れとなり、2割の企業では20%も以上落ち込んでいることを重視した。

「業況判断」も、従来の「引き続き慎重さが増している」から「感染症の影響により、悪化している」に引き下げた。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月